読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手越君。もう月(ムーン)じゃないかもー

24hTV終わって、NEWS随分様変わりしたのかなぁって。
何かが変わっても、好きは変わらない。元々の手越君は変わってないから。だから、変わっても、好きは変わらない。

6人の秋の空♪好き。同じメロディーなのに、4人の秋の空♪とは別の曲。
あの頃の手越君も、きっと好きになってた。でも、恋を知らない君へ♪の手越君とは、違う人。そしてあの頃には二度と戻らないし、その必要もなくて。振り返った時、素敵だなって思っただけ。

24hTV以前の手越君は、私の中では月だった。自分が表に出なくても、ファンとNEWSの為に。それだけでいいって思ってたから。目立つから表に出てるように見えるけど、自分自身は極力出してなかった。
多分もう、恋を知らない君へ♪のシングルに入ってる楽曲が最終章で、あの形態で奏でられることはないだろうって、思ってる。ほんと美しかった。アルバムQuartetto💿も純粋であったから、信じることが絶対だったから。自分も仲間も。ほんとに素晴らしい作品だった。

24hTVは手越君にとって厳しいものになった。
24hTVはパーソナリティーとして番組に貢献して成功をおさめた。
でも、表面的に番組の成功があっても、NEWSとしてはその後の活動にすぐには結び付かなかった。
ただ、それぞれ努力した分、手に入れたものがあったように思えた。いずれ見えて来るはず。それくらい個人の評価は周囲に伝わってると私は思う。
NEWSはどこかで気持ちの歯車が噛み合ってなかった。カオス理論って言うと大げさだけど、小さな気持ちのずれの積み重ねが、思いとは違う方向へ転がって行ってしまって。はじめから危惧されてたのかもだけど。。

私は、自分にも人にも、あんなにやったのにって言葉は使わない。先日の入力がはじめからになったミスの時も、科長に言われてもピンとこなかった。すぐ取り返す。原因分かったし、自分が悪かったんだから、修正するのは当然だから別に苦じゃない。ってなるから。
ただ手越君絡みは普段と勝手が違ってて。先日のblogで手越君の立ち位置を見て、私辛くてフライングして、その後の反省で、大丈夫を通す事にしていて。。

暫く露出がなくていて、、からのpotatoを読んで、ざっくりえぐられた。こんなに辛いことになってたなんて。見えてなかったとは言え、すごく苦しんでたから。ショックだった。
多分手越君も認めていない言葉だと思うんだ。その彼に、あんなに頑張ってきたのに!って、自然に言葉が出てきて。自分にちょっと動揺した。でも、そう思っちゃったんだ。慰めや憐れみじゃなくて、文字通り、誰も悪くないのに、どうにもならない現実と戦ってたから。更にね、ほんと嫌いだと思うんだ。つまりその、、可哀想だと思った。どうしてこの人がこんな思いをしなきゃいけないんだって。きっと私にはどうする事も出来ないもどかしさがあったからなんだ。。
実は私、可哀想も嫌いなんだ。人から言われるのも凄く嫌い。自分はちっとも可哀想だなんて感じてないのに、周りに思われてると、凹んでた。でも、全てではないけど、そういう言葉をかけてくれる人の気持ちが分かった気がして。
彼は”可哀想”に逃げない人だから、ほんとにあんなにやって来たのにだったから、だから言ってもいいって思ったんだ。
あんなにね。人知れず努力して、奔走して、ファンが大事で、NEWSをまもりたくて、LIVE♪やって、ファンが喜ぶこと、なんでもやってくれて、時に矢面に立って傷ついて、なのになのに、背後から刺された形になってしまって。。
始めから、物事で心折れても腐る人じゃないし、投げやりになるなんて事はこれっぽっちも心配してない。でも彼は、気持ちの切り替えに試行錯誤してた。それだけ傷が深くて。。

手越君手越君。君の為に泣いてもいいですか?

私Smile♪が大好きで。手越君の気持ちが見えて。。
みんなに気持ち良く歌って貰って、ファンがメンバーの歌に注目して喜んで、それを嬉しそうに見てた。ここでいいんだよって言って、NEWSいいグループでしょ、って誇らしげで。でも1人だったから。隣りにずっといたいって思った。そんな手越君が大好きだった。
たった4ヶ月前の話なのにね。

私に出来ることなんて。。心の中で天を睨んで、時々寄りすぎて泣いて、気持ちの整理がつくのを待ってた。もう堕天使になろうと魔王になろうと構わなかった。
手越君には音楽がある。そこだけは譲れなかったし。

雑誌や番組は取材や収録に時間ラグが起こるから、2、3週前と考えて情報が入って来る。
potatoがあって、少プレで、その後Myojo、ポポロ。レタスクラブ

続くByakuya♪は見た事のない手越君だった。全体の雰囲気も異様だった。曲♪がByakuyaだったから演出になってたけど、曲中今まで当たり前のようにあった手越君のメンバーへのフォローがなくなってた。ダンサーもメンバーもついて来たい奴だけでいい。ついてこない奴は認めない。ぐらいになってて。元々白黒はっきりしてる人だから。仲間だからNEWSだからで融通きかせてた部分は、ざっくり切り落としてた。
ほんとメンバーも甘え過ぎたから。変ラボの今までの流れがあってからの、仲間をペイント銃で狙うとか。NEWSを支えてくれてるファンが曲を愛して選んでくれているのに、募集してないのに言ってくる、って発言だとか。手越君のみ打ち合わせがなくて臨んだ24hTVのしゃべくりのお題が、手越君に迷惑してるで。お題自体が悪い訳でなくて、NEWSの今後への伏線も、たいした意図もなく持ち込んで、上手くまとめてくれるだろうでまる投げで、甘え過ぎだの部分。
これからは1人で出演中に手越君の名前出すのも、目的持って使う以外快く思わないだろうし。とにかく無言が怖い。傷付いても笑ってた部分は、全てカットしてくるだろうから。

でも当然だと私は思う。手越君はほんと厳しい人で。物事同時に多角度から見ることが出来るから、油断ならない。今急になった訳でなくて、元々ね。
だからこそ今回の件がほんと辛くて。
引き金は、想像でしかないけど。状況判断はしてる。まだ、見えてないものもあるかもですが。事務所サイドの見解とか。。

以前から私が気を付けてることは、手越君に嘘はつかないってこと。それと、好きが揺らがないってこと。ほんとに好きだから、特に意識してないけどね。思ったこと言ってるだけで。
それに私は逆の生き方出来ないし。

Byakuya♪いい楽曲だった。少プレ、凄く美しかった。久しぶりに音楽聴けて嬉しかったし。
でも苦しくて。もう一曲別の曲で聴きたい。ほんとにそうなのか。ハロウィン音楽祭。待ってる。
でもMyojoに救われた。優しい手越君がいたから。ただもう以前の優しさではなかったけど、それでいいと思った。メンバーを思う気持ちも、手越君だから、なところも、だから好きは変わらない。

NEWSのセンターになってね。やりたいようにやって欲しい。新しいNEWSを待ってる。newSingleもね。

レタスクラブ。良かったよ。
いつまでも泣いてんじゃない、言われてるみたいだけど、泣きたいんだから、しょうがないじゃないか。なのです。
それにちゃんと切り替えて、再構成してきてるし、安心してるから。
人気の本が注目される理由を分析しながら〜は、だろうねって思ったけど^^

次の世代を担うか。。
前回のblogが、まだ終わっていなくて^^;
私は手越君が次の時代の音楽の道しるべであって欲しいなぁって、漠然と思っていて。
無茶振り^^;
でも、手越君の音が踊ってる。
モーツァルトの曲を弾くと、どうしてこんな風に弾きたかったんだろって、モーツァルトが音の世界を楽しんでいた気持ちが伝わるように。ジェフベックが微笑んでギターを弾いて周りの音と溶け込んで音と同化していたように。
技術やパフォーマンス以前の純粋な音への求心力を持っているから。

手越君の音楽を楽しみにしてる。
ずっと好きだよ。
頑張って!

最後にNEWSで妄想やってみた。

私は、ピンクのサンダルにジャージで来られても、ま〜平気。何そのかっこって大笑いして、そのまま店に行って、服選ぶ。私の為にこんなかっこで来ないでよとは思わない。危ない事に、そもそも私がすっぴんかも。逆に突っ込まれるから。
来ないとか忘れてるとか。連絡とれれば大丈夫。来るって言ったら絶対来るだろうから心配ない。
会話もね。一方的に話していいよで。こう考えてこうしたんだ的な感じで、その上もう結論出てるし、みたいな話で。ふむふむ、こう考えればいいんだ〜って、凄い参考になりそう。か、喋らない。で、急に思い付いて喋るとか。聞いてる方は、あ〜、ここの件かって、ピラミッドの空間が付箋だらけになりそうですが。。私もあまり人の事は言えないので。
いきなり思い出して傷付いてぽつんとしてそうだから、そしたら抱きしめてあげたい。
こっちが不調の時、何も言ってないのに連絡来て、早過ぎだよって笑っちゃう。
求めるものないの?って聞かれたら、いてくれることが嬉しいんだよって。NEWSのLIVE♪行きたい。ツアー待ってるなんだ。
求めるものがない訳じゃないし。
側にいて欲しいんだ。
ずっといて欲しいんだ。
わがままなんだ。私。
離れたくない。離したくない。
束縛でなくて。恋人じゃなくて。
そもそも、ここにいるから、切り離せないみたいな。つまり居心地のいい友達ってことで。

たまに言う惚れ(今まで3回くらいかな)は、かっこよくて男性としてみてしまう時。その時に、ピンクのサンダルにジャージだったら怒るな、多分。

半分イメージだから架空の人だけど、半分リアルで、安心があって、やり方進め方が分かったり、1人では理解出来ない気持ちを認識出来るようになったり、笑えるのが夜が怖くないって奴。
だから、いてくれて、ありがとうなんだ。



手越君へ。
あてにしない。そういう瞬間って起こるものだと私も思う。それでも、1人では生きていけないから、周囲がありがたいと思う瞬間もあって。ほんと素敵だなって思う。
手越君に出会えて、生まれてくるのも悪くないって思ったんだよ。
LIVE♪待ってるからね。
大切な人。