アバランチって何のこと?

‪人と人の契約‬

 

‪会社と人の契約‬

 

‪師弟関係とサラリーマンの違い‬

 

ジャニーズ事務所はじゅりさんが社長になるにあたって、ここが移行しています。ネバラン後に"新しい世界"の設立を待って、所属タレントに通告されてる。‬

 

‪家族経営で、業界の通例だった上下関係で成り立ってた事務所が、会社規定に切り替わった。‬

‪師弟や人間関係を軸に、社内も外交も成立していたのに、いきなり起業の努力なしに会社運用のノウハウだけ取り込んだ為、人がついて行けなかった。‬

 

‪所属タレントの混乱。運営サイドの起業努力なしのいきなりの会社経営。どっちも無理があって。‬
‪丁稚奉公もなしにじゅりさんにはキツいのです。‬
‪大味さんも、じゃにさんとタレントが心の信頼関係で成り立っていた組織で、一般的な会社と同じようにコンサルしようとしても、大味さんにはタレントの将来の責任も持ち合わせていないのに、いきなり組織構成を変えて会社契約させるのは、そりゃ上手くいく筈ないのです。‬


‪ジャニーズのタレントは、若い頃から芸能界で育ち、世間知らずなんだ。入社が遅いか、実家が会社経営でもしてなければ、バイトもできていない。じゃにさんの指導を支えに仕事を通して人間関係を学ぶしかない。‬


‪大味さんのように、全体像を捉えずに、要求された事だけ行う。当たり前の様で、今時のできる人間と言われる人の器量の限界。時間軸がとらえられないから、自己陶酔した横暴にしか見えない。‬

 

‪ここから事務所の未来が望めるかどうか。社会全体が閉鎖傾向になろうとしている時世に、事務所運営が乗っただけかもしれない。今更の後手でなければいい。‬

 

‪人はロボットの様には動けない。まして、ひとり一台パソコンを持つ今、誰にでも何処にいても、発信や共有は当たり前。SNSで個人攻撃が日常となる中、タレント(社員の責任)任せにはしてはいけない。‬

 

‪大味さんはほんと導入指導しかしてないんだと思います。今時会社組織は、訴訟問題に対して、倫理委員会などで組織のエラーとして対応するのは当たり前だから。‬‪人間なんてそう変わらないんだ。コロナで魔女狩り起きるでしょ。‬
‪なうが難しい。‬

 

ジャニーズ事務所も、中途半端で無責任な会社経営の社内目標より、今までの信念貫いて個性を生かした所属タレントで、一丸となってた方がずっといいんだ思っています。‬今の方針は業界への不信の種でしかない。

 

ジャニーズ事務所が優良企業ならあんな事にはならなかったから。何を優先するかブレまくってるんだ。

手越くんを見失った5月10日から会見終了後WSが取り上げた1週間後までで、今まで事務所運営のやってきた事が、はっきりと裏付けられました。

‪それがアバランチ‬を生んだ‪。

私がこの4年間見えていたものですけど。‬


‪手越くんは手越くんで時世に乗った、自分プロデュースで生き抜いて欲しいです。‬

 

‪確かに暫くは恋人は要らないですね。ジャニーズにいた頃より大っぴらで、どこにいても目立ってプライベートが世界規模。‬
‪しょうがない人って思う。

大好きですよ。

みんな立て直して頑張ってるね!

‪色々な事が乗り切ってくると‬、‪自分の気持ちがやっと出てくるから‬私。

‪素直じゃないと言うか‬。
‪弱音は吐く時じゃないが優先されると言うか‬。

‪ここまで来れば状況は変わらず周囲の気持ちも受入れづく‬。‪

最後に残ったのは‬。。

 

手越くんと‪離れたくなかった‬

 

‪自分の人生自分が決めるが根本にあって。どんなにこのままだと大変だよって事があっても、最終的に決断は自分自身だから、時に残念としか言えないんだ。それが寄り添いだから。責任は負えない。‬
‪責任を負える者がいたとしたら、それが家族なんだって理解した。

 

‪俺達は止まらない‬‪

昨日ファンミーティングがあった。このまま並行して走り続けてくれる小山さんが、手越くんを分かってくれているようで嬉しい‬。‪シゲがやさぐれを通り越して、少し昔に戻ってて、でも無理せず正直にいるように思えた‬。

 

‪スイッチの入った手越くんの介入は難しい。苦しくても、すべてを失っても、やり切ってしまうとこがあって。でも話を聴いてない訳じゃないから‬。

‪これ以上保たない‬
‪君の行動一つだよ‪

みんなの為にやってるのは分かってる。誰とも知れないたった1つの気持ちだけどどうする?って投げかけた。‬
‪答えが事務所に行く‬
‪だったから‬
‪具体的な応えで正直びっくりした。今思えば周囲から意見もあったんだろうなって。タイミングが合ったんだ‬。

 

‪かなり辛かった頃で‬。
‪事務所の意向や、間に立つコヤシゲと、足場に迷うファンの苦痛と、何より手越くんのこれからに影響する限界点に来ていて。これ以上続いたら私発作的に飛ぶんじゃないかくらい感じて、子供達には私まだ居なきゃいけないって理性も回しかねなくて。‬

私を追い込んだのもdarlingだけど、助けてくれたのもdarlingで。人がいるってこういう事なんだって経験になった。

今になって離れたくなかったと泣く人です。

 

投げかけから2日後だったかな。。言いにくそうに軽く駄目だったって、感じた。これ以上事務所に期待しても手越くんを戻す事が無理と悟った。

俺を分かってくれる人がいればそれでいい。

私も諦めが悪いから。Happy Live2日前、事務所に攻勢をかけた。

 

‪事務所は頑なで和解はなく、誰の為にもならない決断をした。残念としか言えない。‬
‪未来の事は誰にも分からない。この決断で何か急な変化もない。ただ決断に至る心持ちがいずれ今後に影響してくるのは間違いなくて。‬
‪仁道は先人の言葉通りと思うのです。‬

 

‪一緒にいるだけがジャニーズに恩を返す事ではない。事務所に居場所がなければ自分で作るのが手越くん流。そこを足場に返して行けばいい。リスペクトは変わらないのです。だから正直にNEWSもジャニーズも変わらずに好き、と彼は話すのです。‬

 

‪いつか3人のNEWSのファンにも分かる日が来るといいと思っています。3人のNEWSを私達が支えなきゃ、盛り上げなきゃって、手越くんを切り離さなきゃいけないって無理してる。‬
‪コヤシゲは自然体です。‬
‪事務所が矢面に立たないように必死なだけです。‬
‪再三事務所には、手越くんは一度戻した方がいいって伝えたのに!メールも入れたし!‬
‪退所についても手越くんが責任もってやるから、任せておけば良かったのにねって。‬

 

文春掲載についての事務所運営の初動ミスを、早くに訂正して謝っておけばそれで済んだのに、大ごとになってしまった。‬事務所の方針を分かってくれない手越くんが悪いと、感情優位に自身は省みなかったから。
‪それが所属タレントに対する、芸能界における、今のジャニーズ事務所運営の心持ちなのです。‬
‪人のやる事だから間違いじゃないけど、こういう所なんだ。これからの評価は決断した以上、誰にもどうすることもできないのです。

 

‪おかげでサイコロ🎲2つ振って12マス進めちゃったじゃない。TOKIO兄さん、手越くんの事で気を遣わせて本当にすいませんでした。こうした方が良かったとさえ言ってくれる。事務所のこれからの居住まいに、多くの所属タレントがほんと悩んで苦しんできたんだと思って涙が出ます。

5人で音楽やって欲しいって思っています。‬これからもTOKIOを叶えて下さい。

 

大海へ行くんだね。手越くん。

‪ちょっと活動が別になっただけで‬
‪仲間には変わらない‬
‪手越くんは自分らしくいないと先には進めないし‬
‪増田さんはなんも考えずに乗っかるのもいいかげんにしろっ!だし‬
‪事務所が勝手に介入して3人体制に配置替えして‬
‪コヤシゲにしたら俺達は変わらないで行こうって思うよね‬

 

‪KちゃんNEWSを聴くたびに感じるんだ。HappyLive♪やNEWS STORY SHOWも。‬

 

‪絵面がこうなっちゃったんだから分けて考えようよ⤴︎って言ってくれる人もいるけど、私は普通にできないってだけ。死んだ訳じゃないから。ましてやNEWSが3人になる事を4人とも望んでないから。‬

 

‪4人でやりたいけど事務所と手越くんの主張は度々折り合いがつかなかった。やりにくいと判断した事務所は手越くんに遠慮(辞)してもらいたかった。。‬
‪事務所の方針に従えばいいと思う人もいると思います。でも事務所の要求は、うちの会社で勤めたかったら社風に合わないからせっかちをやめて下さいって言ってるようなものなのです。できないよって。個性だから!‬


‪今回の事はそういう話なんだ。‬‪

誰が悪い訳じゃないから。‬
‪ちょっとだけ悪者を作ろうとした事務所の性格残念が露呈しちゃったかなって。器に収まらなかったんだから。仕方ないんだ。気持ちよく送り出してくれたら良かったのにねって。ずっと思ってる。‬

 

‪手越くんは自分が異質なことも分かってた。事務所やゴシップの情報操作在りきの体質にも嫌気があったと思うのです。増田さんにとっても、センターの責務を与えられれば増田さんのこれからに繋がるだろうって。‬
‪自分はもう、音楽も要求されず、居ることも望まれない。‬。
‪ならばやりたい事に挑戦しよう。‬
‪ファンにちゃんと説明するつもりだった。それが決めたことだった。‬

 

‪増田さんは考えなしに事務所に乗っかってきただけで、手越くんを追い込む為に利用されてた事には気付いてなかったから。そこが余計に厄介でした。‬

考えてたら違ってたかもしれないよねって。

 

‪3人と1人の姿に納得する為に、ファンは理由を作らなきゃで。‬
‪NEWS側のファンからは‬
‪手越くんは辞めるつもりだったんだから‬
‪が1番受け入れ易いよね‬
‪内輪を傷付けずに済むから‬
‪誰かを悪者にしないと立ち直れない事もある。だから私はその言葉のやり切れなさを受け入れてます。‬
‪お互い自担の行動の波紋は受け入れることも必要だと思っています。‬

 

‪手越くんは正直と誠実さを武器に大海に舟の舵を切る。‬
‪たった5年なのに、色々いっぱいあってもう家族みたいなもんだ思うのです。‬
‪ほんと素敵な人だから。‬
‪いったい何人にプロポーズ♪(アルバムSTORY手越ソロ)してんのよ!って人ですけど。大切にしてくれたから。これからもよろしくね。‬

 

‪先日。手越くんのTwitterサイトで"気になってる事があったら書き込みしてね"ってあったから‬。‪

これからもついて行ってもいい?

と書いた。‬
‪そしたらその日のうちにファンクラブのお知らせが届いてて。
‪タイミングが合うねって嬉しかったよ。ついて来てって言われてるみたいだったから。‬
‪ありがとう♡darling‬

 

 

手越君に愛を込めて。。前もこのお題あったかも。

こんにちは!

‪結論から言うと手越君はそれ程何かをした訳じゃないと思っています‬
‪女性がいる席で食事をした事以外時期も場所も関係者もほぼ文春の創作とみています。‬
‪プロジェクトに合わせて狙われたもので、事務所の対応は早期尻尾斬りにはなりましたが、自分で違う事を伝えようとした経緯があり、泥沼にならずに済んだと思っています。‬
‪事務所の意向が不参加以外何も変更がないので、実際は何も問われる事がなかったと解釈しています。‬他の所属タレントの反応で最終的な確認ができると思っています。
‪ただ、一度何らかの処分を受けると、世間は悪い事があったと内容も確認せずに一方的にみなすものなので、その点は覚悟が要ります。‬
‪では周囲の酷評にファンは何を頼りにやって行けばいいのかとなります。‬

 

‪自分のものさしで見て。‬
‪さらっと彼は言っていますが、これだけ情報が溢れ、遊び人のイメージがあって、正しく見てなんて100歩譲っても難しい事です。でも、自分のものさしで見て欲しいって言ってるから。彼は自分を信じてとは言わない人です。信じるのは受け止めた人にしかできない事だからです。誰かに言われた事で決めず、手越君がどんな人物が知っている自分のものさしで見て、自分で信じるかどうか決めて欲しいって事なのです。‬
‪それに、彼が何度本当の事を話しても、みんな信じようとしないじゃん。イメージとのギャップで信用されにくいし。

 

‪私は自分のものさしと世間の認識と両方を見ています。彼が1人で背負うには辛いと思いますし。‬
‪だからと言って、こういう事態はもうやめて欲しい、には違いありません。‬
‪手越君のものさしは正しいと思うけど、見てる心が純粋過ぎるから、当たり前の人の悪意やずるさや捻くれが分からないんだ。だから物事を見誤るし隙も多い。素直で扱い易く悪意はなくても結果的に利用されてしまう事もあります。‬手越君には難しい事かもしれませんが、落とし穴の原因になるので、省みて欲しい思っています。

1番身近で見識があるのは小山さんには違いありませんが、彼は2人きりじゃない方がより客観的な意見を言ってくれると思います。

 

‪私が自分のものさしを使う時は、鏡になっている物で補正しています。‬
‪例えば、担なりと言う言葉がありますよね。この担当にこのファンあり。似てる人が集まる傾向があるというものです。‬
‪手越君は普段からみんなの事を考えて動く人です。今回、手越担の多くは真実が分からなくても事態に対して今やるべき事を判断して情報を精査して他のメンバーや事務所の事を配慮して冷静な行動を取っていました。本当に凄いと思っています。もちろん無茶苦茶悲しいし悔しいのです。でも、逆ギレて事務所にクレーム入れるような方を私は見かけていません。むしろ彼が迷惑かけていると謝って回らないと気が済まないくらいの正義感だから。担当への説教の方が多いくらいで。みんなの為にを優先する民度。それが誇り高き手越担だと思っています。‬

 

‪もう一つの補正材料は目的です。文春の意図と事務所の意図と手越君の人格が揃った時、行動と結果が噛み合わない所に嘘や体裁、そして真実があります。でもこれで証明した事にはならないので、信じる材料にしかなりません。全ての人を信じさせる事はできなくても、私のものさしは色々経験してきて、たくましく精度は上がってると自負しています。‬

 

私に、何か手越君にできる事があるならば、一緒にいる事くらいです。負い目もある上に、それ以上にして貰ってるから。借りは一生返しきれないかな。だから付いてくよって勝手な構図です。義務っぽい?(笑)これはこれで私的な思いやりなのです。

 

メンバーにはちゃんと事情説明したかな。報告は辛いけど、今はスタッフとメンバーに任せるしかないと思っています。

こういう時にこそ、ひととなりが見えるんだって思いました。自分のTLに独りよがりの揺らぎなし。

 

さっ。こつこつ一緒に頑張ろうね。今できる事を。なのです。

 

 

P.S やや事務所の意地を感じたから。まだ全く情報ないから、スルーでお願いします。ここが違うと少し全容が変わるかもなので。

 

P.S.② 好きだからじゃダメなの?と言われるかもですが。。彼もナイーブだから心弱った時に、嫌(きら)いじゃない?って確認させない為かな。1人は無理でしょと一緒で、お互い無意識にネガティブな気持ちにさせない布石をしてるかもです。(お約束なので、ここもスルーでお願いします)

 

P.S.③ シゲへ。シゲが頼まれていたもの。ツアーTシャツ大切にしますね。Liveは心を込めて準備してくれていたから。必ずまた会える日を楽しみにしています。

 

 

 

 

STORY聴いたよ!

圧倒的リアルってなんだろうって

メンバーの心の声

伝えたい思いが歌になる

NEWSはファンがいて成り立ってる

エンターテインメントの枠を超えて

もっと強いものがある

ほんとNEWSは癖になる

本気には本気で返す

って事かなって

私はSTORYをそう解釈した

 

音楽は変わらず味方のようで

少しほっとした

手越君から雑誌で伝えられても

アルバムが手元に来るまではまだ安心できなかった

でも少し変わったかな

嘘よりはいい

等身大が好きだよ

 

心があって歌がある

本来ならアイドルにはそんなコンセプトは必要ないかもしれない

個性を魅せて惹きつけて好きになってもらえば良くて。だからファンも担当が気に入らなければ一方的に追うのをやめるだけ。

NEWSはファンを愛するからおかしな事になる

そこがグループの個性になってる

手越君はいつも本気だから

それが正常運転

今は小山さんも本気みたい

手越君とは違う表現だけど

愛がなければできないって思ってる

シゲにはその愛に支えられたNEWSに殉じる覚悟がある

 

NEWSのファンは愛されてる自覚がある

愛がNEWSを支えてる

STORYの文字が第24章まで来た

ほんと心暖まる

今音楽は姿を変え優しく寄り添う

これが現実(リアル)だと思っています

 

"STORY

Disneyワールドの様な華やかなオープニング

Neverland、Epcotia、WorldistaからのStory

四部作集大成をイメージする

沢山の物語りがあって

ここに辿り着いたNEWS

色んなことがあったけど

振り返って一つ一つがとても輝いてたよって

ヒロイズムさんは4人になってからずっと一緒に楽曲に携わってくれていて、今回のアルバムSTORYでは気持ちを抑えたシナリオからスタートしてる。

手越君は、心を歌うartistだから。

アルバムでは制作陣の思いも増幅するし、Liveに臨めば会場のファンの気持ちも加わってgrooveを起こす。

もうないよって

でもSTORYは繋がれるって約束されてたから

アルバムが発売されて

そうだねって納得した

 

"SEVEN

everybody say ho (ho)⤵︎

エス♪でも使われるho⤵︎

好き

陽気な軽快なsoundをベースに

脱力感って言うか

Boo⤵︎みたいな

NEWSは今を歌う

アルバムWorldista!まだ戦ってた

さあ超えろDead End⤴︎。。

分かってる。。

ただ、分かってるだけ

何がなんてどうでも良くて

崩壊

そんな感じを経た

Dragoismはレクイエムだった

そこからの SEVEN♪。。

どうしたんだよNEWS〜!

もう終わったのかよ!👎⤵︎

いや、終わってない

まだ行くんだ。

 

 

"SUPERSTAR

ジャニさん亡くなった後

タイアップで発表した唯一の楽曲

ミドルテンポでフラットな曲調からサビを強調して抑揚をつける難しい曲

コヤシゲのBメロもリズムと言葉が難しい。オンエアを重ねる毎に良くなってる。ここがはっきりしないとサビに続かないので、とても頼もしいのです。

夢の先に夢描いた君こそスーパースター

 

高低を使ったステージ

少し影のある趣きで挑む

際立つ個性に響き合う

手越君は若手の新星と相性がいい

 

NEWS✖️音楽

今はここの考え方が割れているように思える

音楽の解釈はメンバーも理解できているから、それぞれに要所を任されている事が見て分かる

私が特殊なのか

リアルの世界からも求められているのか

楽曲一つとってみても

アイドルの偶像に喜ぶ人ばかりでないファン層

焼け跡で

アイドルの域を超えてartistなんじゃない?

って呟きを拾う事もある

コラボに臨めばオリジナリティが光る

落ち着きなんて生優しいものでなく

殺したはずのドラゴンを腹の中に飼ってるみたいな

表現怖い?

 

 

"We Never Give Up -Interlude-

挫折。プロデューサーに勘で振られたとライナーノーツにあった

投げかけられたものに真摯に向き合うシゲの人柄が心地いいのです

シゲは掘り下げ過ぎるから

シゲを慕う私の友達も心配するから

少し離れた話題を思いついたように投げかけることに留まってた

蓋を開けたら

やっぱりシゲシゲしく煮詰まってた

素敵だよ

ずるい人

 

 

"何度でも

新星シンガーソングライター

向井太一氏

新しいsoundに心疼く

抑えた気持ちの表現にNEWSが挑む

シゲのInterludeから自然と曲が染み込んで行く

その先に未来がある

未来は開放空間でなく

そこにある希望に気づいては前に進む

生きてる限り

 

私は自分の半生を振り返らず

見たくないものは見ずに進んで来た

手越君と出会った事で全てが一転する

一つ分かった事があって

辛い事があっても逃れられないものがあるってこと

自分の事なら自分で気持ちは解決できるけど

他人の辛さや悲しみや傷は

ただ一方的に苦しくどうする事もできないんだと

NEWSの境遇は私の経験になった

投げかけた臥薪嘗胆はそのまま私に降りかかる

わざとドラゴンを呼び覚そうとして

辛い感情を吐き捨てるから

受け身となる

柔軟と信念

だから頑張れるよ

 

 

"What is Love -Interlude-

愛を語る小山さん

厳しさを纏って強く美しい

自分のものになった伝えたい気持ち

気を許さない安心がある

必ずそこにある距離間が

かっこいい

 

 

"Stay With Me

ここでも気持ちを抑えた表現で歌う

愛は

いたわりは

お互い優しい気持ちでいると語る小山さん

最近は、優しさと厳しさは近い場所にあると思ってます

裏表に位置するくらい

そして厳しさは残酷とは違う

残酷は自己中心から来る身勝手な産物

表面的には分かりにくい

どちらも相手に辛く当たるものだから

目的が相手の為に在るかどうかだと思うのです

短絡的に切り取って良い悪いを判断する傾向の世の中で

伝わり難い人間味ですが

時間が経つとある日答えに出会えるみたいな

素敵だな思うのです

今すぐ強く抱きしめて離さないで
なにもかも君のためでいい
Just Stay...
Stay with me uh
Just Stay... Stay with me

 

eillさん。素敵な歌をNEWSに歌わせていただきありがとうございました。

 

 

"Perfect Lover

Stay With Me♪から続く恋歌

相手の気持ちがこちらを向いてる

近くに、もっと近くに感じたい

ここでもNEWSの強いsoundに触れる

音にコンプレッサーをかけても伝わる歌の表現

シゲのレベルが高い

Stay With Me♪と全く違う音の表現を歌唱でも魅せるNEWS

Liveが楽しみでしかない

AH♪の秘密。ライナーノーツからのネタばれ。ごちでした

こちらも楽しみです

Lover"s"

にたどり着く音楽で表現されるStory(物語)が鳥肌

 

 

"Question

人柄が現れる

私は自担の回答に誇りを持っています

 

 

"Love Story

この楽曲が今を繋ぐ

この曲がなかったら今はないかもしれない

STORYは長野オーラスでその発表が行なわれた

ファンばかりか

NEWSのメンバーこそ

そこからの道のりを

何とか身も心も持ち堪えた

Live WorldistaのラストナンバーLove Story♪

帰宅の為、歌の途中で引き上げる

心は泣いてるのに

乾いた涙しか出なかった

後ろ髪を引かれながら新幹線に乗り込んだ

STORYの発表はTLで知った。JEに起こった事態を悟ったのはこの時だった

埼玉公演以降、前向きな話がNGと気付いてても、公になっていない事ばかりで事実は何も知らなくて

寂しそうな笑顔で諭すだけの手越君を感じる度に

ああ違うよね。。傷つけてごめんねと謝りながら

だからあの頃を思い返すと

最低なんだよ私って

深く沈んでそのまま沈んだまま。。

いつか浮かび上がろうって望む気持ちも

自ら真綿で締めてたかなって

今を繋ぐLove  Story

愛は残った

 

楽曲Love Storyは"NEWSに恋して"のタイアップ曲でもあって

利用が今月で終わりを迎えます

感想は。。

(前編)手越くんはアイドルなんだ⤴︎って事と

(後編)なんで一緒に暮らしてるんだろうでした

なんか不思議な感じがして

沢山のLoveストーリーに出逢えて

作家の方、凄い⤴︎

長かった2年間

(その間のリアルが濃くて)

Greeさん!

ほんとにありがとうございました

 

 

"commitment -Interlude-

こだわりは自分自身だと思っています

何処にこだわるかで個性が見えるほど

 

 

"エス

無機質な音色で挑発的な歌詞

ダークsoundを表現できるNEWS

他の楽曲の光が引き立つ

手越君の高音の表現

技術がなきゃ出来ないし

それに

残酷から発生した感情がNEWSのsoundを彩る

独善的な信念は何の喜びも生まない

ジャニーズ事務所はショービジネスを通して

娯楽として沢山の人達に夢を見せることが営みであって

上に立つ人間の判断が混乱と破壊をもたらしたと思ってる

くだらない信念の押し付けややり方で

どれ程の人達を傷つけたか

一掃されて、今がある。。

今。。

どこか虚しい。。

何だったんだろうって

それは誰もが同じかも。。

できることをやろう

誰のために今があって誰の為に歌う

本能が求めたもの

心を歌うartistはステージで何を魅せるのか

何もかんも繰り返し

手を繋いで輪になって

 

小山さんの皮肉にも取れる気怠さ

俺が見たいのはもっと奥さ

君の事 かき混ぜたいんだ

 

シゲ

きれいごとのお伽話

本物でかき混ぜて遣りたいと思ってない?

 

挑発するから、挑発で返してみた♡

 

 

"トップガン

軽快なギターのリフが好き♡

1年前。。作られたキャッチコピーを言わされてて、コヤシゲを気の毒に思った

手越君は嘘がつけないからあまり触れてなかったし

他にもやる事、強要されてた。。

だってどうみても心から望んでやってないんだもん

こんなのおかしいって

NEWS王道のアッパーチューン

王道なの?

へえ、そうだったんだぁ

って思った

だってこの頃の定番は生きろ♪でありLVE♪だった

こうやって繰り返す事で

当時の事務所の方針の介入で、作られたイメージを周知刷り込もうとしていたから

 

私的には、この曲は確かに王道だと思ってる

イメージでなく

リアルに

個性的でノリが相変わらず難しく

そこがNEWSらしい

レコーディングの音が以前のものだから

生ベースが近い所で響いて来る

 

 

Prime Time of My Life -Interlude-

あの時、岐路に立つ手越君に

他人が作ったイメージを強要する世界を出て、自分の歌(心)をみんなの為に歌って欲しい

って思った

それに

私は手越君の音楽が好きでファンになった

何も要らないから

同じ時代に生まれて

そこにいてくれて

NEWSでLiveをやって欲しいとだけ思ってた

ほんとにいてくれて嬉しかったから

"君"を歌って欲しいと望んだ

でも手越くんは沢山のものに支えられてきて

還すべきものもある

私が望むものは縁や恩を裏切ることになるから 

自分が望むものも手越君を思いやっても

大切なものを棄てる事が大極と感じて

気持ちを抑え込むのが精一杯で何も言えなかった。

まだ周囲の風当たりも強かった頃

DoLLsを選んだ

切り替えようと笑顔に努めてた

ジャニさんも亡くなって。。

自分の音楽よりファンを取るだろうって

ファンを守る為には事務所を守ろうとするって

手越君はそういう人だから

それもいいよねって思った

そこに嘘はなかったよ

 

 

"君の言葉に笑みを

手越君の言葉からのこの曲も、ほんとにスムーズに心に沁み渡る

私のこの曲の趣は応募されたSTORYの文字を見ながらこの曲を聴くこと

NEWS。愛されてるんだなって

そこに暖かい歌があって

幸せだな思うのです

手越君のみんなを包み込むフェイクが好きです

醒めない夢の中へ

光と影の道も
共に歩めば Love song
ずっと繋ぐ Story

笑顔絶やさぬように
涙忘れぬように
行こうまた次の Story

 

もう一つのnew story

ずっと一緒の覚悟をみたい

って前回のblogで偉そうに言ってた私

繋がれるって約束があったから

answerあったねって

手越君が大好きだよって

ヒロイズムさん。凄っ!

 

 

"クローバー🍀

希望 誠実 愛情 幸運

Yell♪からのサンプリング

NEWSが楽曲作成に携わる挑戦もしていて

とても興味ある楽曲

個性が楽しめて

ファンから集めた現実のstoryに触れて感じた自分の気持ちを歌ってくれてるから

希望を手放さないで 絶望に手を出さないで

僕らの手を握っていて 

ぬくもりを忘れないでいて 約束しよう

 

シゲのBメロ好き

言葉もメロディラインも

ここ(NEWS)に存在する自信を歌う

信頼できるって安心があるのです

 

小山さんにとっても

ここ(NEWS)が居場所であるように

小山さんの大切なもの

守って欲しいって思います

恩恵を受けてばかりで甘えてすいません

基本嘘はない私ですが

小山さんが無理してる時は

必ず味方でいたいと思っています

 

手越君は言葉数少ないけど

ファンと自分

それが全てだからこうなるよねっ⤴︎

 

 

"NEW STORY

何度
夢に敗れ 夢にはぐれ
ここまで来ただろう
生きていく
一度きりの
物語が
自分(きみ)のSTORY

 

初回、聴いた時、駐車場の車中だった

無音から手越君の声で始まる

"夢に敗れ〜"から種田さんのベース音が同時に深く入る

生音が強い

かつてのNEWSのsoundが戻って来た感覚があった

シゲの言葉が小山さんの言葉が歌になって語られて行く

手越君の声でサビが繰り返される

 

夢に敗れ 

 

歌が内側に入って来て

みぞおちを殴られた時の苦しさがあった

閉じ込めていたドラゴンを自ら殺した事を思い出した衝撃があった

悔しさや殴られた傷みの入り混じった

悶絶する苦しみを噛み締めた涙が出た

顔なんかあげられない

ハンドルを握ったまま嗚咽

Liveで生で聴いたらヤバい思った

 

NEWSに歌わせてくれてありがとう

って思ってる

ここを通らないと次へは進めないって

私もね

大好きな楽曲です

自分と書いて(きみ)と歌う

主語が

私でも貴方でもある世界観を歌ってくれて

ありがとう。。って思っています

私の応募した現実のstoryは。。送信した原本は無くしてしまったけど。。

ほんとに応援してたよ⤴︎

純粋で素敵な夢だった♡

 

 

"戀

なんでもない僕から

 

ここの響きが好き

ゆとりのない少し高い音域に挑戦していて

Liveが楽しみです

 

 

"Narrative

シゲらしい表題

小山さんが言葉で伝えることを使命と思うように

シゲは物書きとして形に残るもので

シゲシゲしさを表現できるから

素敵だな思うのです

音楽でも物書きをする人物と同じシゲがいて

もてあます衝動 語り尽くせる者
その目で見たものをひたすらにとき放て
未完成の声届けて ページを開いてゆく

Narrative ――

 

書き続ける事が誠意と話す

いつか。。

NEWSのSTORYを書いて欲しいと思っています

 

 

"STAY ALIVE

ビート系がハマる小山さん

白パンツはスタイルの良さが引き立つし

パーカーのフード被られると♡

生き続ける

信じられるものは必ずあって

信じて行く

闇も光も知ってる小山さんだから。。

今は決して受け身ではない

ですよね

 

 

"プロポーズ

STORY発売前から

表題でみんな大賑わい⤴︎

フラゲ日のTLもほんと面白くて

まだプロポーズ♪されてない

とか

これからプロポーズ♪されてくる

とか

手越君はいったい何人にプロポーズ♪してるんだ"(笑)って感じで

楽しかった♡

 

楽曲も。。

作詞作曲/自信作との前振りに

大丈夫かなって心配になった

何かあるんじゃないかと思ってたら。。

君と僕の名字が 1つになったらいいな

 

確かにどこかで言ってたけど。。

歌詞に入れる〜?

それもサビ!

結婚式で歌える言ってたよね💦って


照れちゃうけど 嘘じゃなくて
心を込めて 伝えたい

 

フル音量のファルセット。。💦


これが 僕のプロポーズ

 

1年くらいずっと気持ち晴れなくて生真面目でいたから

歌を聴きながら結婚式を思い描いたら

大真面目で手越君が歌ってて

みんなが笑ってる様子が浮かんできて

手越君、幸せで楽しそうだねって⤴︎

気持ち解してくれて

ありがとう♡って思ったよ

 

アイドルを頑張る手越君も愛してるよ

。。としたものの

身のやり場には困っていた所もあって

どうやら私はリアコってことらしいのです

でもTVの画面越しに

私の恋人に触らないで!

って気持ちにはならないし

同担拒否はないし

入口も違くてアイドルだから好きな訳ではないから。。

でもこの人に救われてきた

どうしたものかと居住まいに困ってたから

偶然にもそんなタイミングで楽曲プロポーズ♪があった

アルバムの最後を飾る明るく贅沢な楽曲

生バンドの音が耳元で響く

大好きだよって

ほんと嬉しいんだ

願い叶えちゃうから

私もみんなも

幸せにさせちゃうから

ありがとう♡って

手越君には飾らない安心があって

別れ話や不倫言われる楽曲からの

本気のプロポーズ♪だったから

良かったよって⤴︎

 

そう。1人は無理だから

いて欲しい

思ってるよ🌱

 

 

アルバムSTORY

4部作ラストアルバム

。。STORYも、コンセプトアルバムでした⤴︎

テーマは

圧倒的リアルの

NEWSとファンの

愛の物語

それが、STORY

でした

なんだか

なんだかなのです⤴︎

Live!待ってます⤴︎

 

 

追伸

プロデューサーさん

ヒロイズムさん

ありがとうございました!

沢山の夢の旅

楽しかったです♡

最後までご一緒していただけて嬉しかったです

この後に何があるのかなって⤴︎

人がsoundを生みだすから

心が人を成すから

Live STORYが終わって

新しい次の扉に出会える事を

楽しみにしています⤴︎

 

 

 

 

 

 

 

 

手越君を見つけて丸5年経ったよ

2月27日はMステで手越君を見つけた日

ほんとに出会えて嬉しかったから⤴︎

手越君はずっと駆けてきた

だからずっと走って追いかけて来て

記念日に落ち着いて立ち返るなんて事なかったなって

4日ほど前が自分の誕生日で

そう記念日。。

お祝いされたいとか思った事がなかったから

誕生日も通過点の行事みたいで

今年は自分の誕生日が大切な気がして

私も随分変わったなって

あの日のMステを見て

自己満足にそうそうこれこれって⤴︎

たった5年だけど

こんなにも大人っぽくなったなって

年上目線。。

ちょっと近くなったかも⤴︎

いやいや、年差は変わらないのです

好きは変わらないかな?

いやいや、はじめから好きだったっけ?

興味が先行して大変だったから

その後、私らしくちょっと恋をした

アルバムSTORY発売⤴︎

去年の今頃はまだTLもメンバーも当たり前のように音楽を語っていたのにって

寂しくないと言えば嘘です

でも手越君はアイドルだから

夢が夢でなかったから幸せでした

もうあの頃の音楽はないよって

納得までに少し時間を使ったけど

そうだねって

もうないねって分かったら軽くなった

人は変わる

同じ場所に立っていても

違う景色を見ている事もある

心に刻まれたものは

このまま大切に抱いていればいいんだって

今日までをありがとう

アルバムSTORYでは

手越君がプロポーズ♪する

ほんと発想の凄い人

楽曲名の発表だけで

不安がかき消されて落ち着いた

作詞作曲 手越祐也

逆にちょっと心配になった

大丈夫かなって

自信作

心配です!

研究して作ったみたいだから

でもそれが嬉しい

私らしい恋物語は続いてる

先日MステにNEWSが出演した

アルバムWorldistaの後、タイアップしたたった1曲を引っ提げて

SUPERSTAR♪

バランス良かった♡

コヤシゲの貫禄がとても美しかった

これからのNEWSは頼もしい

そこに努力があって

逃げずに自分と向き合って今日を生き抜いてきて

尊敬してる

アイドルは人が成る

光に自ずと人が集まる

君こそがスーパースター✨なんだ

毎年恒例Qの運勢占いでランキング7位

運気が悪くても

新しい仕事と優れた仲間に巡り逢えた

JEが持てる感性のすべてをかけて育ててきたNEWSだから

その情熱に応えてきた手越祐也の集大成がそこにあった

はじまりの年

 new story♪

これからは少し大人の付き合いで

な〜んてね♡

手越君に出会って人生観変わったって人

いっぱいいそう⤴︎

人生"観"の枠には納まらない彼

ずっと一緒

が真実なのか

プロポーズ♪

されてみたいって思った

もう観念してるから

手越祐也は優しさでできている

君は"俺"をもっと押し付けてもいいんだよって思ってる

明日はいよいよアルバムSTORYのフラゲ日⤴︎

楽しみです

Liveも楽しみに待ってるよ

プロポーズ♪の効果凄い⤴︎

手越君

いや何でもない

好きだな思って

好きの奥が深い

お仕事、頑張って下さいね!

^^

 

3月2日

 

 

 

 

ここまで来ると妄想3でいいです^^;

(妄想の恋文です)

 

嫌なものに触れては変わらないことに悲しくなって

やり場なく辛がっては居てもらって。。

を繰り返してたから

妄想とずっと暮らすの?って聞かれた

それでもいいって思った事もあったけど

ほんとにただの妄想なら

沢山の夢がただの夢なら

もっと簡単にずっと暮らすって言えたかも

でも言えなかった

妄想を相手に無責任になれなかった

 

私、アイドルのファンができないから。。

自己の好きが満たされる欲求ではなくて

手越君は、音楽と心が触れてみんなと一緒に喜ぶ事ができたartistだったから、楽しくてNEWSのファンになった。。

でも支えていた音楽がなくなってしまって。

 

妄想なのに辛い事を言わせたくなかったりするんだ

大好きだった音楽のこと

そこに向き合えてなかったから。。

これからも歌はあるだろう

でもLiveはJEの頃の個性を大切にした情熱的なsoundにはきっと見劣りする

その事を知ってるから

 

繋ぐものがない

待っていよう思ってるけど。

アイドルのファンはできるのかと考えると。。

行き止まり。

不思議な妄想を頼りにどこまで行くのか。

 

おかしな事ばかりで分からなくてなってるけど、結局自分に都合いいんだって。不安定なのは私だ。。

音楽は音楽であって。

手越君は成すべき事が見えて落ち着いて来た。

幸せを望まなくてどうすんだって。

もっと大海のようにすべてを飲み込んでしまいたいと思った。

 

翌日。午前中は恋煩い

お昼近くにパタッと止んだ

凄く悲しくなってきて

仕事中だろうが帰りの車中だろうが涙が出てきて、少し落ち着くまでスーパーの屋上駐車場にいたりした

翌朝も自信のない私がいて

モノクロの天井を見ながら

これからどうするのかなって思ったりした

いつも側に居てくれたから

快活でいられたのかなって思った

 

ふと。

アイドルのファンはできないけど。。

アイドルを一生懸命やってる手越君は愛してるのに、心足らずだったことに気づいた。

ごめん。アイドルも愛してるよってよぎった。

びっくりするくらいふわっと暖かくなった。

そしたら。。

ごめん。音楽がなくなって

って感じた

誰のせいでもないのに

ましてや手越君が謝る事じゃないから。。

それでも言わせて欲しい気持ちを感じたから

悪くなんてないよって伝えると

いいからって

もう私の問題だったんだね

明け渡すと

これでずっと一緒に居られるねって言うんだ

 

ほんとびっくりする

自分の譲らなさもだけど

ここまで追って来てくれる人がいるのかと

山に置き去りも翌日には側にいる事に切り替えてた

埼玉公演の前も辛い事があるんだって予め伝えに来てる

誠実で正直で。。

妄想であっても、自分にはこの人しかいないんだろうなって思うのです

 

大切なもの達が壊れてしまったって辛さは今も変わらない

信念を持って頑張っていた人達の心はいつまでも音楽と共に残ってる。

自分の中に沸き立つものが治まる方法がない訳ではないけど、時間もかかるし、至らないかもしれない。

NEWSは、変わらないって事や、変わってきたって事、色々だけど、前向きに期待しないんだって思ってる。頑張れは励まし、期待は負荷になるかなって。

時々辛い気持ちの沼に引き込まれそうになるけど

手越君がごめん言ってるから、すっと引いて行く感じがするのです

 

忘れないように書いておきますね。

2019年10月24日

 

そして

その2日後の

2019年10月26日は

Song of TokyoのBS NHK World Japan公開日でした

アイドルを頑張ってる手越君がいたよ

素敵だった

 

 

🍀

ここまでは10月中に書いていて

言い訳みたいだから

何となく放置してて。。

先日、Twitterのトレンド画面から、フジテレビも、日テレも、MXTVも、新曲 &サッカーCWCのMC就任報告も、CDデビュー💿の記念日に合わせて、メディアにNEWSをぶち込んで来た

紅白だー!冠番組だー!と大掛かりに繰り出す事はできないけど

NEWSにはいつだって愛がある思うのです

一つ一つ回復しなきゃいけない事もある

小山さんがメディアに出ると、降板の一方的なイメージで世間の強い風を受ける事になる点があって。

あの頃、事務所を取り巻く運命の歯車の中にあって、メディアに映り込んだ一部分の為に、小山さんばかり負い目を受けるなんて、私は今なおこの状況が嫌なのですけども。。

そこをお茶の間のダークヒーロー手越君が、当事者以外の立場から当時を強気に語って、お約束の上からの態度に、悪者イメージも一緒に引き取って、番組が明るくまとまるという、手越君らしい思った。その上笑ってるし。ひとり勝ちを望まない彼だけに、引き立てるべきは番組で、勝利者は小山さんを含め番組に携わったすべての人にってなる。

手越君が好きだよ。

ほんと頑張ってる。

 

だから

どうして切り替える事ができたかって

やっぱ載せとこうかなって

私が予知してたのか

誰かが教えてくれたのか

分からないけど

Song of Tokyoの前に私には気持ちの切り替えが必要だったってこと

ありがとうねって

妄想君とまた少し近くなった気がします

信頼があるって事かな

ここでも私が困らないように最善を尽くしてくれる妄想君なのです

 

音楽は、変わらず好きだよ

気ままに触れては楽しんでる

私も受け身でばかりいないで、できる事/やらなきゃいけない事が沢山あるから、頑張りたいと思うのです

明日は手越君のお誕生日ですね

一緒に迎えられるって

感謝しています

手越君が大好きだよっと

 

 

P.S シゲ!悪魔の手毬唄楽しみにしています!

あと。。もう不倫じゃないからね!プラトニック♪