読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年を振り返って。手越君とNEWSにどっぷり浸かった1年だったよ。

去年の今頃何してたかなぁって。
自分の話です。

ヒカリノシズクが発表されて、cwcとMCがかぶっても、真摯に取り組んでた手越君がいて。
音楽から入っての、だんだんラジオ聴いたり雑誌読んだりして、少しづつNEWSを見始めてて。手越君の人柄を本気で好きになり始めた頃で。
手越君は私には音楽から感じたまんまの人。でも、周囲の受け取られ方が違うことに、違和感を覚えて。娘や友達が手越君をチャラい言ってたのが印象的で。どちらかと言うと、真面目で話し下手に思えたから。
ヒカリノシズクは埋もれていたシゲの個性を飾るデビュー曲で。
同時に、ここまでやって来た手越君の思いが溢れた曲で、NEWSが本格稼動する第一歩だった。

それにしても、手越君は自分の事は言わないから。関心のあることがアイドル向きでないと分かってもいるし。
遠慮ばかりしてるのに、自由に振舞っているように見られて、ちゃんと評価されず、軽んじられて損してるなって思ってて。
手越君やNEWSの事、ぶつぶつ呟くようになった。

サッカーやってて、ストイックな所はオープンで、そこはファンの知る所で。冬は手越君が少しづつ、音響の話しや仕事への取り組み方を話し出した頃で。

昨年と同じ時期にアルバム発表、LIVEツアースタート。24hTVのMCも決まり、LIVEが良い物になるだろうことは分かってたし、とにかくLIVE大好きだから、ドームを2daysで行った。地方公演も行きたかったくらい。
楽しくて、lizardとscorpionのシールタトゥ入れて行ってしまった。なんだか急にやりたくなって、後日友達に、NEWSのLIVE行った話しして、タトゥ入れてったんだ言って、???になられた(そりゃそうだ)^^;
彼は私にとってはRockArtistで。
彼から受けるインスピレーションを、感じるままに受け止めたかったから。繋がりたいと、思ったから。

この頃からTwitterでは書ききれなくなってblog開設した。

LIVEツアーも千秋楽を迎え、いよいよ24hTVが始動。恋を知らない君へ♪発売。ヒロイズムさんの楽曲で、シンプルで、4人の声を強調した優れた作品となった。若いアーチストがカバーするなど、シンプルなだけに歌手本人の色を入れやすく、NEWS自身ももっと色を入れることができる楽曲で、先日のMステでは発売当時よりずっと厚みのある音楽になっていたことも印象的でした。
B面の曲も4人の声を強調したアンサンブルとなっていた。

そして迎えた24hTV。
子供の野球や仕事があったので合間合間で見て、楽しく拝見しました。

24hTV後、NEWSに変化があった。手越君とNEWSについて感じて来たことは、前回のblogにまとめています。

自分自身に起こった事に、動揺する秋。
24hTV後のblogは見苦しい所もあり、すいませんでした。
あまり人の気持ちに同調したり共感したりってことなく生きてきて、もちろん逆もで誰かに分かってもらったって感じた事もなくて。慣れっ子になってて、今更誰かに分かって欲しいと思った事もなくて。どうしても感覚がずれるから、相手を傷付けたくないとだけいつも思っていて。

初めて手越君のごみ箱♪聞いた時、そうだよねって自然に思った。

24hTVが終わって、雑誌の手記やTVラジオの様子で、手越君の様子の変化に状況から察していくうちに、勝手に同調して苦しくなってしまったのです。自分の事じゃないのに。自分ならどうなろうと構わないのに。手も届かない遠い人なのに。大切な人なのに。
苦しまないで、と言うよりか、避けられない事だから、乗り切って欲しいだった。私自身答えが見えないうちは、安心出来ないし、time lagも起きているし、でも、もし私が考えている人なら、直接話しかけるしかないだろうと思って、だから書いてきた。誰の目にも留まり見られ、煩わしく、周囲の皆さんには混乱させて申し訳ないと思いながらも。そもそも間違いかもしれないし。ただ感じたことを書いて行きました。言葉の一つ一つでなくてもいい。1人にしない。思いが届けばいい。それだけ。何もしないよりはいいって突き動かすものに呼ばれたから。
結局Rockな生き方しか出来ないんだなぁ思う今日この頃で。

意外とお節介で、泣いたりするんだって、自分が恥ずかしかったりした。でも、何だか世話を焼いてくれる人の気持ちが分かったみたいで嬉しかったり。。(笑)何を言ってるんだか。。

手越君が年末になって持ち直していて、やっと安心して、振り返る事が出来ました。何度もいいますが、どこまでも私の一人相撲なんです(笑)

昨日Myojo買ってきた。
3人が9月にペースダウンしてるのに、増田さんのペースがずっと好調ってパラメーターを見て、なんだかお可笑しくて笑ってしまった。ほんとにマイペースで。。手越君やシゲの落ち込みより、変わらない増田さんを見せられることの方が、私にとってはずっと残酷なことなんですよ。。

来年2月8日発売新譜にドラマタイアップ。また、シゲが仕事呼び込んでいて。とても嬉しいことで。
そして、B面。6人の曲のリメイク。
IZANAIZUKIは8人の頃の、私が遡って唯一見たLIVE映像音源。大サビの草野君とテゴマスのハーモニーが幻想的で、4人のLIVEでも見てきていますが、8人の世界観を4人で超えて欲しいと思う楽曲です。さくらガールも4人になってからのテゴマスでも歌われていて、コヤシゲ、テゴマスのそれぞれの思いや、手越君のお父様の思い出があったりと、思い入れのある楽曲で。
選曲はとてもいいと思った。

以前も何処かで触れましたが。
6人の8人の頃の楽曲は、当時の気持ちで受け止めて一つになっていて、多くを乗り越えてきたNEWSのファンにとっては、大切な思い出になっていることに、配慮はやっぱり必要だと思っています。でも、これからのNEWSを考えた時、立ち止まる事も許されないとも思うのです。今の気持ちで今のNEWSに出来るすべてを込めて、名曲をもう一度歌って、音源に残して欲しいと思います。そうする事で、メンバーも6人の頃8人の頃の自分とは違うと、気持ちの整理が出来るんじゃないかと思います。
NEWSはNEWS自身で意識してグループのイメージを新しいもので売っていかなければならない。
厳しいのは、彼ら自身なんだと。
だから私は、6人の頃の楽曲の音源化を賛成しています。
自分達を信じて、信念を貫いて下さい。

2017年が、NEWSにとっても、手越君にとっても、ファンにとっても、私も、良い年になりますように。
頑張りたいなのです。

P.S 私にも、変わって欲しくなかった思い出があります。恋を知らない君へ♪の頃をとても愛していて。物事は刹那で、その頃があるから今があって、いつまでもその頃も愛していたいから、NEWSは今を生きて欲しいのです。