読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝LIVE♪DVDQuartetto発表!に寄せて(DVDの内容ではないよ^^)

LIVE♪DVDQuartetto発表おめでとうございます!
24hTVメインパーソナリティー後、発表されたたった一つの作品。とても楽しみにしていました。

24hTVの後はそれはそれは長く感じて。途中、ミュージックステーションやハロウィン音楽祭、少年プレミアムで触れる機会を繋いでくれた。

24hTVの後、NEWSはすぐにMステに出た。やりきった解放感でみんなはしゃいでた。
4人の道を選択した当時の自分達を奮い立たせたフルスイング♪を、24hTVでみんなに届けることの出来たNEWS。今度は、今の活動を、今の自分達の歌を知ってもらいたいと願う、”恋を知らない君へ”だった。素敵な夏歌だった。

少プレ。恋祭り。秋の空。
和楽器と調和する手越君。6人の秋の空と4人の秋の空が別の曲で。それぞれの声音質の違いを楽しめた。

2週後のMステフェスで、One-for the win。今度はLIVEの体感を演出してくれた。中堅ジャニーズが続けて出演した中でトリだった。見終わった時、一連のアイドルの流れだったことすっかり忘れてた。それ位夢中になれて幸せだった。NEWSのファンなんだよって言えることが誇りで。

4人のNEWSには大きな欠点があった。今もその沿線上にいて。
もちろん一年前とは違って、凄く良くなってきている。
みんなに知っていて欲しい訳じゃなくて、私の独り言です。もし伝わるなら、メンバーにダイレクトで。NEWSのCD売り上げも、ファンの数も、本人達が発信源だから。
今までも取り上げてるキーワードを上げます。綺麗な物だけ愛でていたい方や、イメージが大切な方は、ここまででお願いします。


手越君がどストライクだってだけで、Mr.Whiteからこの世界に飛び込んで来て、さかのぼって調べていて出てきた言葉が、苺のないショートケーキ。誰が言ったか知らないけど、的確な表現で、実は一番目を背けてはいけないNEWSの問題点だと思った。
彼らはセンターを喰わず引き立てて、自らも輝く事の出来る才能を持ってる人達なんだって思った。
小山さんはKAT-TUNかもしれなかった。
増田さんは歌も踊りも出来てジャニーさんに認められることが、アイドルであることが誇りで。
シゲはセンターを狙う野心と認められないことへの反抗心を抱いたまま、センターを引き立てる立ち位置に慣らされていて。
手越君は求められていることを状況判断で黙々と遂行して、センターがいれば立てていたし、4人のNEWSでは、バランスを保つ為にセンターになった。
自己主張を譲らない同士なら、個性が喧嘩してグループとしては難しい。亀ちゃんと山pが同じグループではあり得なく、小山さんはどちらでもありってジャニーさんの配置でも分かるように。それぞれタイプは違うけど、4人とも相手を優先させることが出来るんだ。ここが裏目に出て、主導力が弱い。
リスクマネジメント能力のある手越君だけが、本能的にセンターに立っているけど、後の3人が6人の頃のままの立ち位置でNEWSをやっていては、手越君の負担が大きい。これが24hTVまでの問題点だった。
サッカーで言うところの、FWが退場したチームで、MFの手越君が繋ぎをしながら前衛で戦っていて、コヤシゲがDFで、増田さんが抑えのMFだった。
攻撃がMF1人では苦しいので、もう1人のMFに動いて貰いたいと自然に思った。私、増田さんにツートップで上がってきて欲しかったんだよ。。
でもそれは自己犠牲を伴うことだったから。無理もして、追い込んで、自分を変えていかないといけなくて。。
増田さん。増田さん。期待押し付けて、本当にごめんなさい。でも戦場に手越君がいることを知っているのに、増田さんはそれでいいよとは、とても言えなかった。

今は、増田さんには増田さんのペースがあるし、もう待てないし、今は増田さんは増田さんでやりたいようにやったらいいんだなって思ってる。
小山さんのDFは堅く、シゲがNEWSのもう一つの顔になってMFのツートップに上がって来てるから、手越君の肩の荷が分散されて、NEWSはバランスが良くなってきた。

いつかのラジオで手越君が言ってた地獄。私は、彼がリスクマネジメントが出来るって事だと思ってる。彼は凄く慎重で、気を許さず、優先順位は徹底してる。
実業家を口にしたり、ホリエモンに会いに行ったりしてるから、手越君は誰かに言われてその事を知ってるはずなんだ。
ただ、手越君は純粋だったから。。自分自身は見えにくいものだし。

アンバランスのまま迎えた24hTV。
NEWSの取り組みはとても良かった。後にない名物になってるかもしれない。手越君の明るい24hTVのイメージ作り(MF)も、ドラマのシゲ(MF)も、小山さんの緊急ドラマ代役(DF)も無茶苦茶良かった。

それぞれ得たものがあって夏が終わって行った。感動も喜びもあった。同時にNEWSの不安定な部分も露呈した。
何もしなければ何も起きない。上手く行っていない部分の把握も反省も起きない。だから、以前も24hTVを転機と言ったけど、NEWSを続けるなら必須で。だけど、出来る器になったってことじゃないから、乗り切って次に繋がるかまでがNEWSの課題だった。”復活劇”と言うNEWSの切り札を使っていて、裏を返すと後がない、本当に勝負の年だった。
対外的に上手く行ってるって思いたい。まだ、結果は出てないけど、徐々にイメージは広がっているはずで。向こうから仕事が来てくれたら、嬉しい。小山さんのコンタクトレンズのCMは、イメージを買われて、とても綺麗に撮られていて素敵でした。
知名度の点でも、NEWSを多くの人達に知って貰えた。ファンクラブの会員も20万を超えてと嬉しい話題も耳にできた。

10月。少プレ。Byakuya♪
ONEで違和感がすでにあって、雑誌の手越君の文筆からも何かあったことが伺えていた。そしてByakuya♪。見た事のない手越君がいた。

手越君が考え方を切り替える必要に迫られた。手越君はすべて精一杯だったから。24hTVで最後に足並みの揃わなかったNEWS。手越君は仲間を信じていたと思う。

増田さんは、歌い終わった時は、4人で歌を届ける場面だったことを気にしてたと思うんです。メンバーもそれを察して何も言わなかっただろうし。でも徐々に周囲の人に声をかけられて、更に事務所からも後押しをされていたら、自分は認められたんだって、良かったんだって、そう考えてしまうのがむしろ自然な事かもしれない。増田さんが、4人で一つ、でやってきた事を大切にしてくれなかったとしたら、手越君は、他のメンバーはどう感じるだろう。。

一つ仮定があって。事務所の動きも。
動向が見えないので、ずっと触れられずにいて。
24hTVを受けて増田さん推しなのは分かる。何の目的で推しているかがずっと読めなくて。
今後のNEWSの戦略上、グループ単位で考えてなのか。それなら残りの3人への配慮がもう少しあっても良さそうなのに。親切でやるとは思えないし。
ゼウスにしても、それぞれのグループでのポジションを考えずに、どんぶり出演でその中で自己表現させようとして。大きく目に付いた部分だけでグループを判断してないだろうか。そもそも実力のあるIマネと確執の起こる執行部。
個性を見極める事のできるジャニーさんはもう高齢で。
ジャニーズのアイドル達は、自分で自分を見極めなければいけないのだろうか。。

手越君はしばらくの間、自問自答が続いていたように思う。NEWSを立て直す。今後の方向を決めていかないといけなくて。新しい事をやりたい。kinkiさんに、国分太一くんに、不安な気持ちぶつけてた。

ハロウィン音楽祭。仮装Byakuya。楽しかった。生歌と世界観の演出でNEWSらしく味があって、とても素敵だった。もっと見ていたかったし、来年も是非やって欲しいと思った。

11月。少プレ。懐かしい曲も飛び出して、NEWSを愛してくれるダイノジさんだからこそで、楽しかったです。個人的好みで、エアギターも見れましたし。
ダイノジさんの収録後のNEWSのメンバーに触れたコメントが好きでした。
以前からですが、手越君は自分が見て感じた事を、主観的に話すので、文面からは周りの雰囲気は伝わりにくいけど、小山さんは周囲のスタッフの反応を入れて話してくれるので、別の角度から手越君の様子がうかがえて面白くて。

ベストアーチスト。恋を知らない君へ♪ショートVer.時をかける少女の映像に乗せて。その後同枠で、かつての時をかける少女のテーマが歌われるのも、番組制作サイドの興で。
そして、ANTHEM♪。昨年と同じ曲。でも別の感覚があった。自分達らしくの心意気が気持ち良かった。シゲが最後まで歌い切ったのを見て、泣いた。手越君良かったねって。シゲが同じ視界にいてくれてるねって。
小山さんはもう覚悟座ってるし、シゲも俺がやるよって行動で見せてくれていて。だから増田さんが増田さんのペースでいても、もうNEWSは大丈夫。軌道に乗れるって思った。

FNS歌謡祭。飛天の間に出演した。ここでも自分達らしくを意識して、動きのある演出をしたり、歌を届けることを1番に置いて、持ち前の何処か控えめであったけど、自信を見せたステージでとても良かった。
最近の小山さん主旋律のハモりが綺麗で好きなんだ。コヤテゴもコヤマスも。小山さんが変わって来たんだろうって思ってる。

手越君はここ最近は穏やかな表情で安心する。
CWCもMCなんて持ち上げなくたって、普通に番組キャスターで、今までの積み重ねで十分なんだねって。
手越君はもう、一緒懸命名前売らなくても、どこ行っても逆に手越君は?ってなるから。
モノマネされる事や日テレの対応やバラエティ番組でも、ちゃんと形で見えて来て、24hTVを、それぞれ出演する番組を、今だと思って求められていることに、信念を持って精一杯やって来たからだと思う。

手越君はずっと筋を通してた。
間違ってなかった。
答えが見えるまでは確認出来るまでは、安易には言えなくて。
これからだって、NEWSは自分達でNEWSを売って行かなきゃいけないんだろうけど、メンバーそれぞれがNEWSに仕事呼び込めば、次に繋がると信じてる。
ほんと苦労が多いね。NEWSくん。
Nissenも時かけの枠も、あの時はNEWSを使って貰える所を事務所が手配してくれたんだろうから。でももう、何もないんだよね。自分達でNEWSとして仕事取らないとってことなんだよね。
締めのようにLIVEDVDQuartetto発表になって、newsingleもなくて、cwcもMCを当てられず、でも。日テレは、手越君をキャスターとして優遇してくれた。有難いなってほんと思った。
この秋がどれほど辛かったろうって、苦しかったろうって。今は本気で一緒に歩いてくれる仲間がいて、レギュラー番組が温かく迎えてくれて。良く頑張ったねって、ずっと抱きしめていたかった。

今日は新しい知らせが届いた。
newsingle発売。
おめとうございます⤴︎
タイアップも興味深い。
進化するNEWS。殻を脱ぎ捨ててもっと刺激的でいて欲しい。

手越君には幸せになって欲しい。
辛くても自分の人生を自分で選べる生き方ができること。
君には借りがある。
届かない手紙は、瓶に入れて川へ流すよりは、目に付くかもしれない。私の中の憂いが違っていたら、何の問題はないんだ。でももし的を得ていたなら。。その僅かな可能性の為だけの手紙です。

歌を歌ってね。
私は待ってるから。
手越君。手越君。大好きだよ。