NEWS☆四銃士♪が好き♡

四銃士♪ほんと好き♡

そもそも原曲の旋律が素晴らしいし、クラシックの主張が生きてる編曲楽曲で、アイドルが歌うと言いつつ、実はNEWS☆でないと出来ないという、とても優れた曲^^

謡曲やロックアーチストの楽曲に弦楽器が入ったり、管楽器入ったりってのは良くある話。

1999年にMetallicaが、サンフランシスコ交響楽団とのLIVE♪S&M発表しているけど、こちらは、メタルサウンドの楽曲をオーケストラアレンジしてる。

平原綾香さんのJupiterはホルスト”惑星”からで、クラシックをPOPにアレンジしたものでした。

NEWS☆の四銃士♪はオーケストラによるクラシックPOPとして、初の試みなのだろう。クラシックを損なわず、Vo.の歌唱力が生きている。融合が鳥肌もの^^
でも、ポピュラーミュージックというには、奥が深過ぎて、一般的に直ぐには馴染めないかもです。一度四銃士♪をきっかけにして他のクラシックの楽曲を聴いてから、戻って聴いてみると、面白いと思う^^


ここで?。私はRockが好き。
音楽はクラシックを経て進化しているので、元を辿れば基本はクラシック。音楽の基礎やRockの本質の理解は必要不可欠。サウンドや演出がハードでメタルなだけでは、直ぐに飽きてしまう。言いかえれば、別にRockは歪んでなくたっていいし、カラオケでも良い。突き上げてくる気持ちとメロディーがあれば、好きな楽器(声も含めて)でどうぞ^^誰にでも出来る^^

もちろん好みはあるけどねー。
ちなみに私はギター?のディストーションとマーシャルで歪み&高音が突き抜ける音が好き♡
(変態はここらに置いといて)


私が四銃士♪がツボなもう一つの理由は、、視点をNEWS☆に移します。

彼らの活動の立ち位置を見た時、四銃士♪の発表がとても大きな転機と見ているからです。

NEWS☆の活動は大まかに、(アラサーにして顔偏差値の高い♡)アイドルとしてのTVラジオ雑誌媒体とLIVE&楽曲発表の2つの車輪で出来ていると考えています。

LIVE♪&楽曲にfocusすると、手越君がNEWS☆の位置付けに重要と考えていて(と思われる)、得意分野でやりたい事とあいまって、着々と手堅く進めてきている印象。

このタイミングでクラシックPOPの話があることが凄い!西本智実さんと、どういうご縁で今回の楽曲に至ったのか、ほんとは知りたい所です^^

四銃士♪の楽曲の主軸は手越君の声に他ならない。フルでオーケストラが演奏していても、手越君の声は沈まない。ほんと美しい♡

ここで、手越君が、音担当だから、歌が歌えるからではなく、もっと深く手越君とNEWS☆の関係に触れます。

私が感じとる彼は、チャラチャラしてクレイジーなイメージではなく、真面目で譲らず、強い信念で打ち込むストイックな人物像。プロ意識強くてロバートデニーロ級?その位^^

Mフェアに出演時、四銃士♪の紹介場面で、説明要点を満たしていたのが手越君だけだったのを見て、この人はグループNEWS☆と同時進行してると思った。
つまり、グループの取り巻く状況と今を把握して、活動と並行しながらNEWS☆の舵も取っていると。
正直私も、四銃士♪発売当時は直感でしかなく、年末にかけて見ていくほどに、裏付けされていく訳で、その姿に不覚にもマジで惚れてしまいました^^;(今は戻ってます)

与えられた事をやっているメンバーとの温度差。。でも、メンバーが普通なんだと思う。だってアイドルだから。自分らしくキャラクターを売れば良いはずなんだ。
それに、何もしてない訳じゃない。シゲの小説は今やNEWS☆の活動上不可欠だし、小山君のキャスターも。
ただ、手越君のやっていることは、アイドル業と質の違うもので、普通なら要求されない事だから。。
でも、NEWS☆の立ち位置は違った。それ以上に何か手を打たなければ、NEWS☆は消えてしまう。手越君の感性なら、危機感は常にあって、昔のことは分からないけど、出来ることは何でもしただろうと思う。
おそらくメンバーも気付いていないところで。

何の為にそこまで?

手越君にとってファンは、ほんとに恋人。みんながそれをどう捉えるかは分からないけれど、なにせメンバーよりNEWSファンの方が、優先順位上と来てる。

昨日、24hTVについての手越君のコメントの中に、解散でファンを裏切らないとあった。ここが原点なんだと痛感した。

そして、ざっくり心から何かを斬り落として、自分を切り替えた。

「やる気のないやつに声をかけてもグループはやっていけない」

自分の甘えや不安と決別する為に言い放ち、強気な意思表示に伴う攻撃に、自ら矢面に立ち、奮い立たせた。

そこからの道のりは、新参者の私より、皆さんが詳しく、NEWS☆とファンの強い絆で支え合って、そこに合言葉♪が生まれた。

彼が切り捨てて来た思いや、グループNEWS☆とファンへの思い入れがどれほど強いものか、LIVE♪に参戦すれば、よく分かる。そこにはRock(音楽による自己表現。この場合、愛なんだろう^^)がある。

それほどまでに手越君が力を入れている音楽というのは、実際は形がなく、フィーリングが必要であったりと、NEWS☆に音楽があっても、すぐにはTV出演やファンには結びつかないジレンマがあった。

でも、見ている人は見てる。手越君の努力が、ついに足場として姿を見せ始めた。クラシック界とのコラボとして実現した。
それが、四銃士
この評価を足がかりに、NEWS☆の音楽が少しづつ認められて、意識や関心が広がっていって欲しいと思っています。
転機。じわじわ来る。数年後、振り返った時、納得するだろう。

だから、だから、私は楽曲としても、手越君を思う時も、四銃士♪がとても好き^^

そして、転機と言えば!
この夏、強く望んだ24hTVのパーソナリティ。次に到来しているもう一つの車輪”アイドル”としてのNEWS☆の転機。すでに動き出していて、キャラ作りだなんだで盛り上がっていて、引っくるめて、彼ららしい24hTVになりそうで、とても、たのしみです^^チャリティーも協力します^^頑張って下さい⤴︎



手越君へ
一つ苦言。バラエティでお題出されて、Qならスタッフとのやり取りも込みなので、番組の特性上良いんだけど、他番組ではお約束ではないので、”はいはい、やればいいんでしょ”の演出は、表に出さない方が良いと思う。スタッフが一緒なのかもだけどね。
なんでかって言うと、どの道一生懸命やる気なのに、筋が通ってないからさ^^


こうして、読まれることのない手紙をずっと書き続けていますが、私も君の方法を信じてる。思いは届く。届くのは一つ一つの言葉でなくていい。君を思ってるってことが、届けばいい。
私は君を1人になんてさせない。
これは私の信念です。