1人恋煩い。って何?

1人恋煩い。。
誰に恋してるのか分からないのに、胸が苦しいが2月3の朝から起きていて。

↓これ
f:id:annakeinyugoren:20170225143415j:image

最近もずっと続いてるから、何なの〜でさすがに少しパニクって友達に言ったりしたけど。。しょうがないから、まあよしよし的な感じで、恋煩いの気持ちを慰めていて。(おかしな話ですが、自分の気持ちの事なのに、恋煩いの理由が分からないので他人様枠)
でも恋煩いなので、私は当然、切なくて辛い。

で、おとといポポロ買ってきたと。そこで目にした、MVに続く、ドキドキしてもらいたいのコメント。。
ひょっとしてこれか〜なのです。
そして続いて脳裏をよぎった、これじゃないよ〜!

どういう事かというと。
私が楽曲EMMA♪から感じてたものが、子宮が疼くようなドキドキで、恋のドキドキではなかったので、そのつまりすぐに気づかなかくてごめんなさいm(__)m

テーマがハードボイルドな男性像って事で。
男性って、もともとが身勝手のくせに支配欲はあったりして。
だからかっこ良かったりする。
ハードボイルドに生きる男性もいて、束縛されず自由でかっこいいけど、結局いい男があちこちふらふらしてるから、いずれ可愛かった奥さんが恐妻家に育って、尻にひかれちゃうのかな〜なんて。

でも手越君は優しいから。
パートナーに求めているものも、安らぎなんじゃないかなって。
優しいのが手越君のいい所なんだけど、愛し合うのに傷付け合うって歌詞、どうイメージしてるかなって。

血が流れても求めあう体
引き下がり方知らない男
もうこれ以上愛せない程傷付け合おう

ちょっとした、S。。

行為でお互いが満たされれば満足で、後は別々の生活で行き来を感じない。チャンカパーナのような恋が始まらない。
って恋愛。

手越君は相手を傷付けることが出来ない。どうしてもの時は、半分ぐらい肩代わりする覚悟でって感じじゃない?
ハードボイルドの世界観は逆なのかな〜って。
君はいい女だから手に入れたくて、でも僕を満足させてくれればそれでいい。
なのです。
すげえ身勝手。
相手の女性の気持ちなんてどこ吹く風〜って奴。
Acid Black Cherryの歌詞に出てくる人間像は、そういう表現がとても上手いと思ってて。身勝手と知りながら、大切にされたいと思ってる女心とか。嘘と知りながら、嫌いの言葉のままに別れた男心とか。演歌や歌謡曲もそうかも〜。
時代が違うだけで、源氏物語もそのまんまだから面白い。(あさきゆめみし(漫画)参照)
源氏物語は恋愛の他に、もののあわれが付いてきて。無常。あっさり人が死んで、命の儚さが加わっていたり、家柄や親の地位で人生が当たり前のように左右されたりするように。

実は手越君って、諸行無常が道理の本質であることに気付いてる。
明日があるとは限らないから、今、後悔しないように精一杯生きる。
映画タイタニックが大ヒットした理由かなって。
MY HEART WILL GO ON ♪ by Celine Dion からも強くインスピレーションを受ける。
手越君と相性がいいテーマですよね。

命が当たり前にある今の時代、TVで投げかけられた言葉の意味は伝わらず、何言ってんだよ〜ってオンエアされるけど、私はそうだねって思う。それに実行してるから、凄く尊敬してる。
なんか世間の常識の風強いね〜って、でも私もこっちが正解だと思うんだよね〜なのです。
アドラーの心理学も面白そうで、哲学的で、どう生きるべきなのかに繋がると思っています。私より娘が読んでいて解説してくれてます。まだ断片的だけど、きっと私アドラーの考え方に行き着くと思います。

で、1人恋煩い。
自分の中で納得して1人解決。
ちょっと違うって初めは感じちゃったけど、手越君は手越君だからって思う。
ドキドキしたよ。
ありがとうね。
なのです。
相変わらず変な事言ってるな私^^;
今更ですが、手越君を知ったMステMr.White♪見た時点で、LIVE♪行かないと!だったから。
しょうがない。

re-presents  izanaizuki♪なう。
揺さぶられる。
音楽にはこんなにも激しくぶつけて来るのに。。
もっと求めてもいいですか?
感じていたい。

つのるほど せつなくて 
こんなにも 惹かれ合うなら  ♪

^^
惹かれてる
だけどね〜。
(一方通行だから)
でも抱きしめてあげたい。
































祝^^newSingle EMMA♪ 発売おめでとうございます^^頑張れNEWS^^

とても待ってたんだ。newSingle。
届けてくれてありがとう。。

もう出ないかもしれないって、一瞬でもよぎった瞬間が私にはあった。だから、こうやって手元にあることが、ひとつひとつ、ひとりひとりの奇跡なんだって思ってる。発表があって、ほんとに嬉しかった。歌を届けてくれてありがとう。。

NEWSは安定してTVで雑誌で露出し始めた。シゲの躍進はとにかく凄い。ケチ噛ませ犬に40デニール。まさかの小説の世界観が、ジャニーズアイドル加藤シゲアキと融合して表現されてるなんて。凄過ぎる。だって、表題でもいけるでしょ?これから幾らでも出てくると思うと、末恐ろしい。シゲにしか出来ないこと。確立しちゃったからさ。ほんとかっこいい。占いの通りかもね〜。

小山さんも優しくて流されやすいところがあるけど、芯があって筋が通った方なので、大きな目標があれば揺るぐことがなくて、ほんとに素敵。NEWSとキャスターの両立。相当の覚悟がないとやり通せないハードルの高さをこなして、だからこそ自信になっていて、どんな悪戯にも境遇にも耐えられる心臓(ハート)なんだって思う。
小山さん。チカラウタでBlack Cherry♪を口ずさむ様子に、私はヤバいものを見た感満載でした。
人ったらし小山さんの手越君愛にちょいどきどきしてます。(藤井さんも落としてるから〜)
TVで映る様子は、小山さんが手越君のわがまま聞いてあげて、お世話して、に見える。歌だと、手越君が、小山さんの一生懸命な気持ちに、気をかけてるが見える。ハモりの付け方も小山さんのタイミングに合わせて入り抜け、強弱付けてくるから、私的に手越君エロいの表現になります。
ラジオで手越君がEMMA♪Oh.yeahをハモりにして来たってさらっと言ってた。手越君はほんとマメだし、小山さんを大切にしていて、やり方も手越君流で、仲よしほんと素敵なんだって思った。ただ、もしもし〜子猫ちゃん達もよろしくお願いしますよ〜なのです。

増田さんの歌が良いと感じた。Mステ、Mフェア共に。増田さんが直前のタモリさんとの会話でしっくり来なかったとしても、歌にも様子にも影響せず、動じない。ほんと凄い。だから、分からないんだ。歌が良かったとしても、全体を理解してやってた訳でなく、やってみたことが、全体の意向にそってただけかもしれない。疑い深くてごめんなさい。まだ見ていたいと思う。

直前の会話と言えば、手越君は逆で、条件をポジティブに切り替える必要があるほど、周囲の状況に反応してしまう人ですよね。滑るとか。ほんとは凄く気にしてるんじゃないかなって。はけてから誰か、大丈夫だよって想いながら、肩抱いてあげて欲しいなーなのです。

楽曲EMMA♪
キーは歌いやすくて、独特のノリと、歌詞はエロいのにNEWSが歌うとエロく響かない、ヒロイズムさんのmagic。
ダンスも表現も楽曲のイメージに合わせて回を重ねる毎に揃ってきて、ほんとかっこいい。

はい脱線。
歌割り。
私もこの言葉使います。でも、ただパート割りの事じゃなくて、曲の要所やユニゾンハモりブーストも含めての事で。

手越君のマイク音量自己調節は、本人も言っていて、もう仮定ではなく意図してやってるでいいですよね。

歌割りの要所。楽曲でそこを絶対落とせないとこ。そこで曲が決まる所のこと。恋を知らない君へ♪は、私は冒頭の”嗚呼”だと思ってる。そこを手越君が歌う。レコーディング中に歌い方まで変えてきた。彼がそれ程重要と考えていたということ。曲を愛している彼が愛おしかった。

戻ります。
EMMA♪は素敵な女性ですよねって最近やっと思えてきた。はじめはメンバーそれぞれの歌から見えてくる女性像がばらばらでまとまってなくて、なんて言うか、恋が苦しいと歌いながら、優しくコシの弱い音(歌)だったり、悶え切ない面(おもて)じゃなかったり、ジャケットに見立てて抱いてる女性が4人とも違う人だったり、って感じで。NEWSとして歌ってるんだから、同じ女性に翻弄されて欲しいなって思った。

手越君も増田さんも、回ごとに演出を変えてきて面白い。それぞれの得意を入れつつ、同じ女性を魅せてくれるのを楽しみにしています。手越君は歌唱力で、増田さんはダンスや振りで。プラスαの色を付けられたら、シゲにはない、それどころか本人以外誰にも出来ない、NEWSにしかない魅力になりますよね。
だから、Mステで手越君が抜いてきたのを残念に思ったんだ。
はじめは、くどいなぐらい思ってたけど、今はないと物足りなくて。子供が歌真似してくる位、心に響くから。はじめは周りがついてきてなかっただけで、増田さんの歌が強く出れば、ちっともバランス悪くないはないって思ってて。ほんとに何か理由があって抜いたのかもしれないけど、私的には、やっぱり手越君をやっちゃって欲しいなのです。

ちなみに最近のジャケットプレイから感じるEMMAの女性像は。。増田さんのEMMAは少しぽっちゃりで小柄な女性で、後の3人EMMAはスレンダーで背丈がある感じです。あまりダンスは分からないけど、見立ててって言ってるからからそういう事かな〜と。脚の入れ方や腰の位置、腕の回し方、顔の位置って事なのかなって。
手越君は恋歌では相手の女性像に話しかけてますよね。多分ダンスでも同じなのかなって思って。

再び脱線。
MフェアでWeeeek♪見て。以前blogで触れていますが、つまりこう言うことってやつです。NEWSシングルVer.Weeeek♪より生バンドVer.の方が落ち着くなのです。1人で歌ってると自然にこうなってると言うか。今の打ち込み技術だと、こういったリズムも作れるようになってるのかな〜と思った案件でした。これが出来たら、人間ドラマーが要らないって^^;

SnowDance 凄く面白い。難しいー。手越君を生かしていてとても素敵な曲。メインでも、曲の色付けでも音を歌を楽しめる。まだ、歌詞見てなくて。。でもそこは、言葉は、シゲが小山さんが得意な部分で、ストーリーはお任せしています。(多分カラオケ行ってはじめて、おぉ⤴︎ってなるパティーンかもです^^;)
歌割りで見ても興味深くて。この曲、増田さんがサビで手越君の後をどう歌うかがキーポイントだと思ってる。この曲はサビが要所になっていて、他のメンバーも細かくサビを歌割りされているので、4人が同じ流れでいかないと楽曲が残念になる凄く難しい曲。LIVEでの増田さんを楽しみにしています。

スノードロップ。こちらも凄く面白い。手越君はいつからこういう表現が出来るようになったのかしら〜なのです。最近の雑誌で、音楽で切なかった気持ちが起きることを話してくれたり、どういう時に感情的になるとか、気持ちの行き来が見えてとても素敵ですよね。
あと、この曲は、小山さんの声が凄くあってるって思った。
雪と共に一つに溶けあえたら素敵だなって思える曲です。(えっと、同じく歌詞は読んでいません。曲からのイメージです)

リプレゼンツの2曲。
Izanaizuki♪は以前にtwitterにあげてあるとおりで。8人の世界観を超えるのは大抵のことでなくて。1人1人の個性がきっちり出ないと負けちゃう。増田さんがラジオで、レコーディングの時に昔に合わせた方がいいのかなって迷ったことを話していて、伝えたいものの意志が曖昧な事が裏付けられていての、大サビ。当然、歌は上手くてもあと一つ足りない、いかせて下さいなのです。私はLIVEで増田さんを待ってる。
手越君ははっきりしてるから、8人の頃になかったものをきっちり示してきて、ちょっと怒ってる、違うなんだろ、ライバル視してるっていうか、誰がなんと言おうと、絶対勝つし譲らないみたいな強い意志を感じる。(歌の表現で言葉には変換しにくくてすいません) だから巻き返しに倒れそうになったし、凄く良かったなのです。

さくらガールは、生バンドでやるともっと映えると思った。テゴマスVer.を見たくなる。低音の響きが入ったら、リズムにうねりが入ったら、もっと歌が引き立ちそうだなって思った。それだけ安定していて、以前の音のバラツキがなくなって太い音になっているので、リズムが打ち込みの音だと軽くて、バランス的に物足りなく思えてきて。ほんとNEWSかっこいい。
LIVEで、テゴマスのバンド入れて欲しいな〜なのです。(個人的に武藤さ〜ん🎸なのです。)

私事でテスト前低浮上なのですが、やれやれ、NEWSが活躍中で気が散りまくってます。
先日の目覚めたらきっかけもなく、きゅんきゅん事件。友達に、覚えてないだけで夢見た言われて納得してたのに。。2日後にまた起きた。夢はちびダンボを5匹連れた、ゴン(アニメに出てくるパワフルなチビ恐竜)だった〜。夢は関係ないのかな〜(そもそも今月おいくつになるんですか?の今日この頃です)

NEWS。4人の声が織り成すQuartetto。リアルの世界で、夢の続きを魅せて下さい。LIVE♪楽しみにしてるから。絶対行く!
増田さん。ほんとにいかせて下さいね〜。じゃないと欲求不満で呪うから^^
シゲは手越君との絡み、楽しみにしてます。距離があるのも凄くいい。あ〜もう好き^^
小山さんが音楽を楽しんでいるのが伝わってきて、こちらも楽しい気持ちになります。キャスターとアイドル(とエロス)。と見せといてみたいな、変身ってスタイルが刺激ありますよね。ほんとかっこいい。

音楽は、シゲ(小説)や増田さん(パフォーマンス)の得意なものと違って、手に取る事も目にも映らない。手越君は、手越君にしか出来ないものを持っているけど、決して容易い位置にはいない。言葉や旋律や音色の表現が心に響くかどうかも、受け取る側のリアクションが頼りだったり、NEWSである以上仲間と共に表現する道を切り開いて行かなくてならない。
世間は、パフォーマンスに弱い。本物にはなかなか会えない。そして、本物もいつかは盛りを過ぎて行く。10年20年で何が出来るか。
ジャニーズでいる事は、大きな資本で大きい事が出来る。でも、アイドル業をクリアした上で、限られた条件の中で、数少ない楽曲発表のチャンスに、世間に認めてもらうという道を進んでいる。
Single EMMA♪。また、一つ前進した作品だった。いつか逆転する日が来るのを楽しみにしてる。アイドルを見に行くのか、音楽を体感しに行くのか、融合した新しいアーチストの地位を手に入れて欲しいと思ってる。

手越君。
幸せになってね。
私は幸せだよ。音楽を届けてくれることが、約束されてるからね。
ほんと愛しい人。
待ってるよ。

















1月18日NEWS☆少年プレミアムを見て(*^^*)

年明け、1回目の少プレ。楽しかったです。BS録画出来ないってのもあって、いつもLIVEの感覚^^
少プレも、番組構成の最後が音楽LIVE。それをとにかく楽しみにしていて。
年明け収録で、妙にそわそわして行きたくなって、番協申込んではみたものの、持ち前のくじ運ないもので、500の枠に洩れる今日この頃ですが^^;
蓋を開けたら、Rockライブだったって事で、なるほど〜で、初詣も面白かったし、LIVE楽しかったです。

juonさん、かっこ良かったです。初めて見ました。音楽を楽しんでて、好きです。レスポール🎸の音も大好きだし。yukiくんのフライングV🎸もタイトに攻め込んでくる感じで好きですが、レスポールは丸み厚みのある音で、ナチュラルにoverdriveがかかってるみたいで、綺麗にはまると、ちょ〜かっこいい。

juonさんのいるファジコンは、(まだ聴いていませんが)、3ピースbandとのことで。ハイスタも構成は3人。自己主張のバランス良くて理想的。きっちりかつ、3人が前に出る。

Rockbandならそれぞれの音の自己主張は当然なことで、ハイスタは海外で通用するだろうけど、ワンオクは残念になると思います。エアギターだって買われる世界だけど、自分達をRockArtistだって言うなら、森内くん勿体無いなーなんて思った。大きいステージで。海外で。でもワンオクをちっとも羨ましいと思わない。手越君のセンターはまだ始まったばかりだから。手越君の方がずっと面白いし。

実のところ、手越君はセンターらしくなくて。センターって自分の表現が一番で、意外と他の音は次なのかなって。いや、森内くんがあれだけ歌に拘っているのに、bandのsoundがスカスカなのは気にならないのかな〜なんて、ふと思って。
手越君は曲全体、グループ全体、ステージ全体をsoundととらえてるから、面白い。その中のセンター手越祐也だから。さあどうする。この世界観を本気で表現して欲しい。待ってる。次のLIVEを待ってる。少なくとも今回は、テゴマスは未完成のまま、行くかな。

私、良く調和とかバランスとか言うけど、馴れ合いや尻拭いの事じゃないから。精一杯の緊張感とモチベーションの中で生まれてくる個性の認め合いの事だから。

本当に大物揃いなアーチストで、さすがNHKだった。本当にNEWSの為にやってくれていて、嬉しい。素敵だなって。手越君。苦手なものから得意なものまで経験できて、水を得た魚のようで、今後の事を考えても音楽も人脈としてもいいチャンスだなって思う。セッションすればいいだけ。向こうが感じて声をかけて来てくれるといいね。

NEWS☆問題含みだけど、立ち止まってるより、全然いい。
増田さんは、何も考えずにステージに上がって、その場の音を感じて歌った方が良いかも〜なんて思った。増田さんの声も曲の一部なんだよって。Quartettoは4人で奏でるだったんだから。時間の許す限り、期待しないで見守ってるからね。
それに寄らば大樹の陰にしている大樹が、本当にあてになるか分からないってとこ。大樹のままでいる為にも、NEWSが生き残る為にも、NEWSはチャンスを落とせないんだ。
お洒落ism。次回は美味しそうに食レポしてくれるの、楽しみにしてる。次回があればね。

24hTVちょい前から、一部のパネラーの増田さんへの反応がイラキレになってて。でも、これでいいんだろうなって。あるがままで出掛けて行って、誰彼からも突っ込まれなきゃ分からないんだろうから。手越君はもういいから次へ行ってね、なのです。
NEWS。しょうがないな〜=今はこれがベストって事なのです。

NEWSは少し不揃いだけど、先の見えない不安定からは脱していて、表に出られるようになってきた。
シゲがほんとに頼りになっていて。物事一事が万事で。シゲのNEWSでの仕事ぶりはまんま、曲に表れるから。ほんと素敵で。
まあ裏を返すと、つまり増田さんも丸見えってことで。。
あ〜もう。書きにくいT_T
小山さんが手越君肩入れして、それをお返しのように手越君が歌で贔屓しちゃってて。ラブラブだし^^
恋焼け♪。そう、いい曲だったよ。私は大好き。それでいいって思ったし。

上手くやってね〜。

EMMA♪もB面もLIVEツアーもほんと楽しみにしてる。まだ、コンセプトが発表されてないし。期待してるよ^^
QuartettoDVDを朝、車で流しててね。
手越君にお願いがあるんだー。
次のLIVEで、ファンが合わせて歌って、上手く出来たら、また褒めて欲しいなって^^ よろしくお願いします。

手越君。頑張って。
あー好きが変わらない^^














自問自答。私事です。。

家に旦那を置いて来た。

私のプライベートな1人事です^^;
気持ちを整理する目的でたまにやってます。

旅行先で子供達から、パパの名前が自然に出る。
良い子達で安心した。
子供達にとっては、父親って思われていて。私から見たら、父親の筋通して来たとは思えないけど、ずっと父親として扱ってきたから、子供達はそう思ってる。
多分これで、はい離婚したよ〜言っても、生活は何にも変わらないだろうし、今まで通り子供達の父親でいられる。
お土産買って行ってあげたら喜ぶよと私。

でも、私の側はもうダメなんだ。甘えるから。ここを乗り切らないとってポイントを何度も、逃げて、向き合わず、安易に考えて。逃げても生活出来る事に慣れてしまって。例え私が良く分からなくても、旦那なりに家族に出来ることをやろうと、筋を通していたら、、って思う。
別にすべてを旦那のせいにはしてないよ。普通の感覚で触れることができないのは私の方だから。
私といても、きっと一生一緒に苦労した感が伝わらない。今分かってないから、君はこれからも分からない。
お別れは一時は寂しいと感じるだろうけど、自力でやらないと、生きていて本当の喜びを知る事も出来ないから。
旦那の為にも、私の為にもならない。

とにかく、自分で稼いで、生きて行くのに必要な生活費を入れて、お早うとありがとうの挨拶が出来て、お母様が元気なうちに、親孝行して上げて下さい。
それが出来たら(一緒にいなくても、私は人伝ての気配だけで、十分理解できて分かるから!報告もいらないから)、また一緒にいることを考えてもいい。つまり自立しろ!

もう、追い付けないよ。
って、一年半前に私言ったけど、今のやり方見てると、このままずっと意味分からないだろうし。。
それを近くで感じながら暮らすのが、苦痛なんだ。変なのは私の方なのです〜。
解放して下さいなのです。

お姑さんに、仕切り直したいとお話しして。
離婚したら仕切り直しにならないのでは?と。
いえいえ、社会人になる所からと、状況を説明しての。
でも、もう大人だし。。
それは、年齢だけの話で、まだ自立出来てないのです。と。

第1子の時、1度旦那が無理でと、まだお姑さんと同居してた頃に訴えた時、子供がいればがんばろうと変わるからと言われ、周囲からも言われ、私もそう思ったし、で、やってきてのー。。16年。子供が4人になっても、変わらなかったからな〜。基本的にキャラが合わないんだろな〜。

私、ほとんど頼らないし、辛いよりか、これ以上は無理だと感じても、そこからさらに自己修正するから。今もそういうことだし。乗り切る時のモチベーションの種類が違うんだろか。旦那の根をあげるポイントや甘える発想がまるで分からない。

とにかく、自立する所からやり直して下さいなのです。やりながらができなかったんだ。まだ結婚は無理だった。今のままでは、家庭も家族も守れない。何一つ責任取れなくて、父親として、夫として、周囲から求められたことに応えられず、足を引っ張って家族を不幸にしてしまう。夫婦で助けあってが、旦那の責任まで、こちらの負担になっていて、夫婦の協力は破綻。せめて、自分の親への孝行と子供達の父親としてだけは、優先順位の上から最低限やって欲しい。それだけ。私は1人でいい。元々1人だった。何も変わらない。だから私は大丈夫。
。。少し違うかな。。




手越君へ。
音楽をありがとう。
君は幸せになるんだよ。

きっと、君は私の事をそうだねって言える人なんだ。
って、そう感じて、甘えさせて欲しいんだ。
そういう事にさせておいて下さいなのです。

自分が苦しいのかもと思う時、触れることがなくても、甘えられる場所があると思えるだけで、不思議と安心するもので。
それに、君が幸せでいて欲しいと願う事で、大抵のことはプラスに還元できるから。

だから、同じ空の下にいてくれて、ありがとう。幸せでいてね、なのです。


2016年を振り返って。手越君とNEWSにどっぷり浸かった1年だったよ。

去年の今頃何してたかなぁって。
自分の話です。

ヒカリノシズクが発表されて、cwcとMCがかぶっても、真摯に取り組んでた手越君がいて。
音楽から入っての、だんだんラジオ聴いたり雑誌読んだりして、少しづつNEWSを見始めてて。手越君の人柄を本気で好きになり始めた頃で。
手越君は私には音楽から感じたまんまの人。でも、周囲の受け取られ方が違うことに、違和感を覚えて。娘や友達が手越君をチャラい言ってたのが印象的で。どちらかと言うと、真面目で話し下手に思えたから。
ヒカリノシズクは埋もれていたシゲの個性を飾るデビュー曲で。
同時に、ここまでやって来た手越君の思いが溢れた曲で、NEWSが本格稼動する第一歩だった。

それにしても、手越君は自分の事は言わないから。関心のあることがアイドル向きでないと分かってもいるし。
遠慮ばかりしてるのに、自由に振舞っているように見られて、ちゃんと評価されず、軽んじられて損してるなって思ってて。
手越君やNEWSの事、ぶつぶつ呟くようになった。

サッカーやってて、ストイックな所はオープンで、そこはファンの知る所で。冬は手越君が少しづつ、音響の話しや仕事への取り組み方を話し出した頃で。

昨年と同じ時期にアルバム発表、LIVEツアースタート。24hTVのMCも決まり、LIVEが良い物になるだろうことは分かってたし、とにかくLIVE大好きだから、ドームを2daysで行った。地方公演も行きたかったくらい。
楽しくて、lizardとscorpionのシールタトゥ入れて行ってしまった。なんだか急にやりたくなって、後日友達に、NEWSのLIVE行った話しして、タトゥ入れてったんだ言って、???になられた(そりゃそうだ)^^;
彼は私にとってはRockArtistで。
彼から受けるインスピレーションを、感じるままに受け止めたかったから。繋がりたいと、思ったから。

この頃からTwitterでは書ききれなくなってblog開設した。

LIVEツアーも千秋楽を迎え、いよいよ24hTVが始動。恋を知らない君へ♪発売。ヒロイズムさんの楽曲で、シンプルで、4人の声を強調した優れた作品となった。若いアーチストがカバーするなど、シンプルなだけに歌手本人の色を入れやすく、NEWS自身ももっと色を入れることができる楽曲で、先日のMステでは発売当時よりずっと厚みのある音楽になっていたことも印象的でした。
B面の曲も4人の声を強調したアンサンブルとなっていた。

そして迎えた24hTV。
子供の野球や仕事があったので合間合間で見て、楽しく拝見しました。

24hTV後、NEWSに変化があった。手越君とNEWSについて感じて来たことは、前回のblogにまとめています。

自分自身に起こった事に、動揺する秋。
24hTV後のblogは見苦しい所もあり、すいませんでした。
あまり人の気持ちに同調したり共感したりってことなく生きてきて、もちろん逆もで誰かに分かってもらったって感じた事もなくて。慣れっ子になってて、今更誰かに分かって欲しいと思った事もなくて。どうしても感覚がずれるから、相手を傷付けたくないとだけいつも思っていて。

初めて手越君のごみ箱♪聞いた時、そうだよねって自然に思った。

24hTVが終わって、雑誌の手記やTVラジオの様子で、手越君の様子の変化に状況から察していくうちに、勝手に同調して苦しくなってしまったのです。自分の事じゃないのに。自分ならどうなろうと構わないのに。手も届かない遠い人なのに。大切な人なのに。
苦しまないで、と言うよりか、避けられない事だから、乗り切って欲しいだった。私自身答えが見えないうちは、安心出来ないし、time lagも起きているし、でも、もし私が考えている人なら、直接話しかけるしかないだろうと思って、だから書いてきた。誰の目にも留まり見られ、煩わしく、周囲の皆さんには混乱させて申し訳ないと思いながらも。そもそも間違いかもしれないし。ただ感じたことを書いて行きました。言葉の一つ一つでなくてもいい。1人にしない。思いが届けばいい。それだけ。何もしないよりはいいって突き動かすものに呼ばれたから。
結局Rockな生き方しか出来ないんだなぁ思う今日この頃で。

意外とお節介で、泣いたりするんだって、自分が恥ずかしかったりした。でも、何だか世話を焼いてくれる人の気持ちが分かったみたいで嬉しかったり。。(笑)何を言ってるんだか。。

手越君が年末になって持ち直していて、やっと安心して、振り返る事が出来ました。何度もいいますが、どこまでも私の一人相撲なんです(笑)

昨日Myojo買ってきた。
3人が9月にペースダウンしてるのに、増田さんのペースがずっと好調ってパラメーターを見て、なんだかお可笑しくて笑ってしまった。ほんとにマイペースで。。手越君やシゲの落ち込みより、変わらない増田さんを見せられることの方が、私にとってはずっと残酷なことなんですよ。。

来年2月8日発売新譜にドラマタイアップ。また、シゲが仕事呼び込んでいて。とても嬉しいことで。
そして、B面。6人の曲のリメイク。
IZANAIZUKIは8人の頃の、私が遡って唯一見たLIVE映像音源。大サビの草野君とテゴマスのハーモニーが幻想的で、4人のLIVEでも見てきていますが、8人の世界観を4人で超えて欲しいと思う楽曲です。さくらガールも4人になってからのテゴマスでも歌われていて、コヤシゲ、テゴマスのそれぞれの思いや、手越君のお父様の思い出があったりと、思い入れのある楽曲で。
選曲はとてもいいと思った。

以前も何処かで触れましたが。
6人の8人の頃の楽曲は、当時の気持ちで受け止めて一つになっていて、多くを乗り越えてきたNEWSのファンにとっては、大切な思い出になっていることに、配慮はやっぱり必要だと思っています。でも、これからのNEWSを考えた時、立ち止まる事も許されないとも思うのです。今の気持ちで今のNEWSに出来るすべてを込めて、名曲をもう一度歌って、音源に残して欲しいと思います。そうする事で、メンバーも6人の頃8人の頃の自分とは違うと、気持ちの整理が出来るんじゃないかと思います。
NEWSはNEWS自身で意識してグループのイメージを新しいもので売っていかなければならない。
厳しいのは、彼ら自身なんだと。
だから私は、6人の頃の楽曲の音源化を賛成しています。
自分達を信じて、信念を貫いて下さい。

2017年が、NEWSにとっても、手越君にとっても、ファンにとっても、私も、良い年になりますように。
頑張りたいなのです。

P.S 私にも、変わって欲しくなかった思い出があります。恋を知らない君へ♪の頃をとても愛していて。物事は刹那で、その頃があるから今があって、いつまでもその頃も愛していたいから、NEWSは今を生きて欲しいのです。




















祝LIVE♪DVDQuartetto発表!に寄せて(DVDの内容ではないよ^^)

LIVE♪DVDQuartetto発表おめでとうございます!
24hTVメインパーソナリティー後、発表されたたった一つの作品。とても楽しみにしていました。

24hTVの後はそれはそれは長く感じて。途中、ミュージックステーションやハロウィン音楽祭、少年プレミアムで触れる機会を繋いでくれた。

24hTVの後、NEWSはすぐにMステに出た。やりきった解放感でみんなはしゃいでた。
4人の道を選択した当時の自分達を奮い立たせたフルスイング♪を、24hTVでみんなに届けることの出来たNEWS。今度は、今の活動を、今の自分達の歌を知ってもらいたいと願う、”恋を知らない君へ”だった。素敵な夏歌だった。

少プレ。恋祭り。秋の空。
和楽器と調和する手越君。6人の秋の空と4人の秋の空が別の曲で。それぞれの声音質の違いを楽しめた。

2週後のMステフェスで、One-for the win。今度はLIVEの体感を演出してくれた。中堅ジャニーズが続けて出演した中でトリだった。見終わった時、一連のアイドルの流れだったことすっかり忘れてた。それ位夢中になれて幸せだった。NEWSのファンなんだよって言えることが誇りで。

4人のNEWSには大きな欠点があった。今もその沿線上にいて。
もちろん一年前とは違って、凄く良くなってきている。
みんなに知っていて欲しい訳じゃなくて、私の独り言です。もし伝わるなら、メンバーにダイレクトで。NEWSのCD売り上げも、ファンの数も、本人達が発信源だから。
今までも取り上げてるキーワードを上げます。綺麗な物だけ愛でていたい方や、イメージが大切な方は、ここまででお願いします。


手越君がどストライクだってだけで、Mr.Whiteからこの世界に飛び込んで来て、さかのぼって調べていて出てきた言葉が、苺のないショートケーキ。誰が言ったか知らないけど、的確な表現で、実は一番目を背けてはいけないNEWSの問題点だと思った。
彼らはセンターを喰わず引き立てて、自らも輝く事の出来る才能を持ってる人達なんだって思った。
小山さんはKAT-TUNかもしれなかった。
増田さんは歌も踊りも出来てジャニーさんに認められることが、アイドルであることが誇りで。
シゲはセンターを狙う野心と認められないことへの反抗心を抱いたまま、センターを引き立てる立ち位置に慣らされていて。
手越君は求められていることを状況判断で黙々と遂行して、センターがいれば立てていたし、4人のNEWSでは、バランスを保つ為にセンターになった。
自己主張を譲らない同士なら、個性が喧嘩してグループとしては難しい。亀ちゃんと山pが同じグループではあり得なく、小山さんはどちらでもありってジャニーさんの配置でも分かるように。それぞれタイプは違うけど、4人とも相手を優先させることが出来るんだ。ここが裏目に出て、主導力が弱い。
リスクマネジメント能力のある手越君だけが、本能的にセンターに立っているけど、後の3人が6人の頃のままの立ち位置でNEWSをやっていては、手越君の負担が大きい。これが24hTVまでの問題点だった。
サッカーで言うところの、FWが退場したチームで、MFの手越君が繋ぎをしながら前衛で戦っていて、コヤシゲがDFで、増田さんが抑えのMFだった。
攻撃がMF1人では苦しいので、もう1人のMFに動いて貰いたいと自然に思った。私、増田さんにツートップで上がってきて欲しかったんだよ。。
でもそれは自己犠牲を伴うことだったから。無理もして、追い込んで、自分を変えていかないといけなくて。。
増田さん。増田さん。期待押し付けて、本当にごめんなさい。でも戦場に手越君がいることを知っているのに、増田さんはそれでいいよとは、とても言えなかった。

今は、増田さんには増田さんのペースがあるし、もう待てないし、今は増田さんは増田さんでやりたいようにやったらいいんだなって思ってる。
小山さんのDFは堅く、シゲがNEWSのもう一つの顔になってMFのツートップに上がって来てるから、手越君の肩の荷が分散されて、NEWSはバランスが良くなってきた。

いつかのラジオで手越君が言ってた地獄。私は、彼がリスクマネジメントが出来るって事だと思ってる。彼は凄く慎重で、気を許さず、優先順位は徹底してる。
実業家を口にしたり、ホリエモンに会いに行ったりしてるから、手越君は誰かに言われてその事を知ってるはずなんだ。
ただ、手越君は純粋だったから。。自分自身は見えにくいものだし。

アンバランスのまま迎えた24hTV。
NEWSの取り組みはとても良かった。後にない名物になってるかもしれない。手越君の明るい24hTVのイメージ作り(MF)も、ドラマのシゲ(MF)も、小山さんの緊急ドラマ代役(DF)も無茶苦茶良かった。

それぞれ得たものがあって夏が終わって行った。感動も喜びもあった。同時にNEWSの不安定な部分も露呈した。
何もしなければ何も起きない。上手く行っていない部分の把握も反省も起きない。だから、以前も24hTVを転機と言ったけど、NEWSを続けるなら必須で。だけど、出来る器になったってことじゃないから、乗り切って次に繋がるかまでがNEWSの課題だった。”復活劇”と言うNEWSの切り札を使っていて、裏を返すと後がない、本当に勝負の年だった。
対外的に上手く行ってるって思いたい。まだ、結果は出てないけど、徐々にイメージは広がっているはずで。向こうから仕事が来てくれたら、嬉しい。小山さんのコンタクトレンズのCMは、イメージを買われて、とても綺麗に撮られていて素敵でした。
知名度の点でも、NEWSを多くの人達に知って貰えた。ファンクラブの会員も20万を超えてと嬉しい話題も耳にできた。

10月。少プレ。Byakuya♪
ONEで違和感がすでにあって、雑誌の手越君の文筆からも何かあったことが伺えていた。そしてByakuya♪。見た事のない手越君がいた。

手越君が考え方を切り替える必要に迫られた。手越君はすべて精一杯だったから。24hTVで最後に足並みの揃わなかったNEWS。手越君は仲間を信じていたと思う。

増田さんは、歌い終わった時は、4人で歌を届ける場面だったことを気にしてたと思うんです。メンバーもそれを察して何も言わなかっただろうし。でも徐々に周囲の人に声をかけられて、更に事務所からも後押しをされていたら、自分は認められたんだって、良かったんだって、そう考えてしまうのがむしろ自然な事かもしれない。増田さんが、4人で一つ、でやってきた事を大切にしてくれなかったとしたら、手越君は、他のメンバーはどう感じるだろう。。

一つ仮定があって。事務所の動きも。
動向が見えないので、ずっと触れられずにいて。
24hTVを受けて増田さん推しなのは分かる。何の目的で推しているかがずっと読めなくて。
今後のNEWSの戦略上、グループ単位で考えてなのか。それなら残りの3人への配慮がもう少しあっても良さそうなのに。親切でやるとは思えないし。
ゼウスにしても、それぞれのグループでのポジションを考えずに、どんぶり出演でその中で自己表現させようとして。大きく目に付いた部分だけでグループを判断してないだろうか。そもそも実力のあるIマネと確執の起こる執行部。
個性を見極める事のできるジャニーさんはもう高齢で。
ジャニーズのアイドル達は、自分で自分を見極めなければいけないのだろうか。。

手越君はしばらくの間、自問自答が続いていたように思う。NEWSを立て直す。今後の方向を決めていかないといけなくて。新しい事をやりたい。kinkiさんに、国分太一くんに、不安な気持ちぶつけてた。

ハロウィン音楽祭。仮装Byakuya。楽しかった。生歌と世界観の演出でNEWSらしく味があって、とても素敵だった。もっと見ていたかったし、来年も是非やって欲しいと思った。

11月。少プレ。懐かしい曲も飛び出して、NEWSを愛してくれるダイノジさんだからこそで、楽しかったです。個人的好みで、エアギターも見れましたし。
ダイノジさんの収録後のNEWSのメンバーに触れたコメントが好きでした。
以前からですが、手越君は自分が見て感じた事を、主観的に話すので、文面からは周りの雰囲気は伝わりにくいけど、小山さんは周囲のスタッフの反応を入れて話してくれるので、別の角度から手越君の様子がうかがえて面白くて。

ベストアーチスト。恋を知らない君へ♪ショートVer.時をかける少女の映像に乗せて。その後同枠で、かつての時をかける少女のテーマが歌われるのも、番組制作サイドの興で。
そして、ANTHEM♪。昨年と同じ曲。でも別の感覚があった。自分達らしくの心意気が気持ち良かった。シゲが最後まで歌い切ったのを見て、泣いた。手越君良かったねって。シゲが同じ視界にいてくれてるねって。
小山さんはもう覚悟座ってるし、シゲも俺がやるよって行動で見せてくれていて。だから増田さんが増田さんのペースでいても、もうNEWSは大丈夫。軌道に乗れるって思った。

FNS歌謡祭。飛天の間に出演した。ここでも自分達らしくを意識して、動きのある演出をしたり、歌を届けることを1番に置いて、持ち前の何処か控えめであったけど、自信を見せたステージでとても良かった。
最近の小山さん主旋律のハモりが綺麗で好きなんだ。コヤテゴもコヤマスも。小山さんが変わって来たんだろうって思ってる。

手越君はここ最近は穏やかな表情で安心する。
CWCもMCなんて持ち上げなくたって、普通に番組キャスターで、今までの積み重ねで十分なんだねって。
手越君はもう、一緒懸命名前売らなくても、どこ行っても逆に手越君は?ってなるから。
モノマネされる事や日テレの対応やバラエティ番組でも、ちゃんと形で見えて来て、24hTVを、それぞれ出演する番組を、今だと思って求められていることに、信念を持って精一杯やって来たからだと思う。

手越君はずっと筋を通してた。
間違ってなかった。
答えが見えるまでは確認出来るまでは、安易には言えなくて。
これからだって、NEWSは自分達でNEWSを売って行かなきゃいけないんだろうけど、メンバーそれぞれがNEWSに仕事呼び込めば、次に繋がると信じてる。
ほんと苦労が多いね。NEWSくん。
Nissenも時かけの枠も、あの時はNEWSを使って貰える所を事務所が手配してくれたんだろうから。でももう、何もないんだよね。自分達でNEWSとして仕事取らないとってことなんだよね。
締めのようにLIVEDVDQuartetto発表になって、newsingleもなくて、cwcもMCを当てられず、でも。日テレは、手越君をキャスターとして優遇してくれた。有難いなってほんと思った。
この秋がどれほど辛かったろうって、苦しかったろうって。今は本気で一緒に歩いてくれる仲間がいて、レギュラー番組が温かく迎えてくれて。良く頑張ったねって、ずっと抱きしめていたかった。

今日は新しい知らせが届いた。
newsingle発売。
おめとうございます⤴︎
タイアップも興味深い。
進化するNEWS。殻を脱ぎ捨ててもっと刺激的でいて欲しい。

手越君には幸せになって欲しい。
辛くても自分の人生を自分で選べる生き方ができること。
君には借りがある。
届かない手紙は、瓶に入れて川へ流すよりは、目に付くかもしれない。私の中の憂いが違っていたら、何の問題はないんだ。でももし的を得ていたなら。。その僅かな可能性の為だけの手紙です。

歌を歌ってね。
私は待ってるから。
手越君。手越君。大好きだよ。













2016’ver.Weeeek♪/あったら面白いかも^^NEWSはFNS歌謡祭、確かに趣向こらしてたよ^^

NEWSは、、
Weeeek♪を、2016Ver.でレコーディング取り直ししたらいいのになってふと思った^^

元々が6人の楽曲を、歌割り替えただけだから、以前から今の4人の声に楽曲が噛み合ってないんじゃないかって思ってて。全体的に声のトーンが高いのと、打ち込みのクラップ音のタイミングが前で、一番声量のある手越君も前に来るから、曲全体が落ち着かない感じで。
例えば。。
大袈裟に言うとレゲエ風とか。
kinkiさん風に、grooveWeeeek♪何てどうでしょう^^
ジャンプできないWeeeek♪になるけどね^^;

ファンはどうだろ。
曲の雰囲気を変えたら悲しいかな?
いつも同じ曲で代わり映えしないって思われるくらいなら、残念がるぐらいならって思ったよ。
FNS歌謡祭は、新しいものがなくて、今ある条件だけだったけど、凄く挑戦してたって思ってる。NEWSは研究してる。

grooveWeeeek♪は私の例え話。でもね。。
何が言いたいかって言うと。
形あるものに無理に合わせる事はないんじゃないかなぁって。自分達にあった物を身にまとった方がいいって思えて。ファッションも音楽も。
多分、kinkiさんが少プレで言ってた事に繋がってそうだなって。

私は、今のNEWSを応援してる。
高輪プリンス飛天の間で見た方が、NEWSにイメージを感じてくれたらって、この人達にこんな曲もどうだろって思ってくれたらなぁって。
逆言うと、イメージを持たれるグループであって欲しい。グループにイメージがあって欲しい。それに今、そう思ってNEWSは自ら頑張ってるって、見えるんだ。ベストアーチスト。今回のFNS歌謡祭。

ちょっと辛口だと、24hTVまでに出された課題を、今やってるのかなって。出来上がってなかったから。。変ラボで。。
24hTV後順調に活動が続かなかった理由はここら辺もあるのかなって。。

NEWSは本当いいグループで。
ベストアーチストでシゲが手越君のペースに合わせて一生懸命歌っていたのを見て涙がでた。NEWSには何て素敵な人がいるんだろうって思った。独りじゃないっていいなって。

小山さんも、いつだって手越君が不安に思わないように気遣っていて。。つまり何をされても怒らないことなんだけど。手越君がオープンに見えて実は、人に対して警戒心が強くて気を許さないって事を分かってるからなんだろな。。それに、生番組で手越君の受け答えが変にならないか、小山さんは司会者でなく手越君の方をじっと見てて、おかしな時はすぐフォローに入るんだよね。絵図らはなんだか変だけど、これはこれで正解かなって思ってて。
通じる話で余談ですが、坂上忍さんに番組内で手越君のことを、人見知りでなく人を選んでるって言われて、手越君が目をそらす表情が何とも言えず可愛いかったっけ。

飛天の間は本格アーチスト揃いで、その方々の曲の間にいて、ステージに品格があって、アーチストの方々を客席にして歌う。自分達を試すために、挑戦するためにNEWSとして出演した。そんなステージだったから、趣向を凝らしたと言ってくれた心意気に緊張した。

確かに、曲が始まった瞬間私も、またWeeeek♪なんだって思った。でも、違った。今までとは違う曲だった。歌うことを楽しみながら、自信を見せて歌うシゲに、手越君のリードを信じて歌う小山さんと手越君の溶けるように絡むハモりが凄く美しかったし。ここまで来ると手越君エロいとさえ思った。
メンバーがテーブルを回る、戯ける、動く、でも、歌は声量が抜けるは事はなかった。

NEWSはビジュアルも楽しませてくれた。増田さんはファッションの極みが個性的で癖があって心地良かった。NEWSは歌と増田さんを先鋒に衣装のバランスが凄く良かったと思った。
、、、
ベストアーチストの時、シゲが歌で追ってきてるのを感じた時、増田さんが、、急に哀しいって思えて、増田さんの歌を時間かかってもいいから、迎えに行って欲しいなって思っちゃったんだ。。手越君。。

恋を知らない君へ。
生演奏で。ピアノだけのCDと同じ雰囲気で素敵だった。
”嗚呼〜あなただけは消えないで 戻れるならあの夏へ”
想いが歌になって目が離せなかった。
フェスに出る。みんなに僕らを見てもらいたい。。
私はそんな手越君が大好きなんだ。こんなに思ってて。心からみんなに伝わって欲しいって思うんだ。きっと、、そうか、でももう曖昧は良くないよね。次は”趣向をこらした”を止めて、”僕らの歌を皆さんに聴いてもらいたいんです”ってストレートに言って欲しいかな。ハードル上がるけど、聞き手にも、歌う前から気持ちが伝わるかなって。手越君。

”青空を見上げる僕は 手を伸ばす意味を知らない”シゲが歌い始める。そしてピアノが入る。そのままシゲのソロ曲でもいいんじゃないって思えた。素敵だった。顔も気持ちもイケメンでほんとかっこ良かった。

手越君の声とシゲの声は対称的で組み合わせが良くて。Wonder♪は震えた。
純白の堕天使とブラックスワン
冷酷と激情
孤独と友情
ほんと、これからが楽しみで。。

newsingle!待ってます。

その前に、LIVEQuartettoDVD!
ちょっと早い素敵なクリスマスプレゼントをありがとうございます。

ほんと嬉しい^^

NEWS!頑張ってね ^_−☆